第13回ハロプロ楽曲大賞'14投票内容 このエントリーを含むはてなブックマーク

楽曲部門

1位 [tofubeats] tofubeatsの10分で楽しめる“ハロー! プロジェクトの全曲から集めちゃいました! Vol.5” 3.5 pts.
こういうメガミックス系が公式に収録されるのって軽く久々なんじゃないでしょうか。
覚えてる限りだとスマイレージのカップリングで短い時間のやつが何回か入っていたのが最新?
しかも重要なのは、このメガミックスに使われている曲はほぼ全部同じCDにフルで収録されているということ。
だからその気になれば自分ならこう作る!だってできるはずだし、
最後に収録されているのでCDをすべて聴き終わって、tofubeatsはこうつないできたか!と思うことだってできます。
今は有志のハロプロクラブイベントなどで長いDJをする人は結構いますが、
こうやって短い時間でまとめるミックスもいいものです。

2位 [ハロプロ研修生] おへその国からこんにちは 3.5 pts.
つんく♂はやっぱりまだキ印ソングを作れるんだ!という希望が見えた曲。
最近は色々とまっとうな曲に仕上げることを要求されてるのではないかと思う昨今のシングル曲でしたが、
ハロプロ研修生は自由に作っている感じがしてとてもいいです。
なぁみんな、へそんとこよろしく!ですよ?
多分どんな育ち方としてどんな知識をつけてもこのフレーズが浮かぶ気がしない。
結局どんな国なのかわからないので自分でおへその国テーマソングを作ってしまうくらい刺さった。

3位 [Berryz工房] 愛はいつも君の中に 1 pts.
曲調も好みど真ん中だけど、歌詞のメッセージが素晴らしいなと。
今年の曲は結構Berryz工房というフィルターを掛けざるを得ない曲が多かった中、
フィルターを掛けずに、でも今のBerryz工房だからこその緊張感と説得力に満ちたこの曲を
みんなもっと愛を持って聴くといいよ!
来年はすごいコンプリートアルバムが出るとのことで、どれくらい最後まで
ワクワクする曲を届けてくれるのか今からとても楽しみな一方、
無期限活動休止までの限りある時間を噛み締めしっかりと追っていきたいです。

4位 [℃-ute] Love take it all 1 pts.
この曲はサビのメロディーが本当に℃-uteらしくて素晴らしいなと。
歌ってないところの腰を振るダンスに注目が行きがちだけど、
そしてやっぱり目で追ってしまうけれど、
曲自体の高まりというのも確実に存在することを忘れてはいけない気がする。
最近は℃-uteらしい曲というのを主軸にしているからか、
追い過ぎてちょっと平凡になっちゃう曲もあったけど、この曲はちゃんと行ききっててよい。
ちゃんと℃-uteにバシッっとハマった曲というのを待ってるんです、こちらは!

5位 [Juice=Juice] ブラックバタフライ 1 pts.
曲調を歌詞に入れるというダサさって、ハロプロの歴代曲でも見られた構成ですよね。
セクシーオトナジャンの「恋するボサノヴァ」とか、シャッフルユニットの「サマーレゲェレインボー」とか。
それを今かっこいい曲でイメージを付けようとしているようにみえるJuice=Juiceでやるなんて!
ハロプロでつんく♂から曲をもらう以上、このある種のダサさは覚悟しないといけないし、
個人的にはむしろ愛すべきダサさだと解釈しています。
ところでこの曲の略称ってなんなんですかね?黒蝶?ブラバタ?

MV部門

1位 [Juice=Juice] イジワルしないで 抱きしめてよ 3 pts.
色使いがとにかく好きで、Juice=Juiceに本当に似合っているなぁと思いました。
振り付けを好きになることは最近は本当に少なくなったんですけど、この曲は一発で気に入りました。
ま、若干石田さんが気になりすぎるっていう面はありますけど。
このMVはもっと色んな所で宣伝に流しても良かったんじゃないかなーと今更ながら思ったりもしています。

2位 [モーニング娘。’14] TIKI BUN 1.5 pts.
いやもうなんといっても振り付けです。
あの「曲とダンスが一体になっている感」っていうのは、パフォーマンスの上でもとても重要ですよね。
この曲はファンの歓声も曲の一部だっていう印象の人もいらっしゃると思いますが、
単体で見てみるとこれはこれでちゃんと味がある。
EDM路線での道重さんの最後の曲がこれで本当に良かったと思います。
次のシングルはもうちょっとEDMから新しい流れになっていけるといいな、と思っているのですが
そもそも鞘師さんと小田さんが残っているんですから多分変わらない気がしてます。

3位 [℃-ute] I miss you 1.5 pts.
℃-uteのMVはハロプロの中では大人たちがちゃんと考えてる感をバンバンに感じることが多いのですが、
その中でもこういうつなぎ方をしたのは面白いなぁと思って選びました。
まだまだMVでできる表現はいくらでもあると思うしちゃんと考えてほしいな。
ポリシーあってアップとダンスでつないでるのも理解はするけど馬鹿の一つ覚えに近くなってるから。
好きなMVとして選びましたが、本来ならこのレベルは最低限保って欲しいレベルです。

推しメン部門

福田花音
この子はどうしてこんなにこじらせているのだろう。
もうパート割りも十分増えてきたし、グループの中でも推されているはずなのに。
昔はわかる、周りのメンバーに勝てるところを探したらこうするしかなかったんだ、って。
でも、今はもっと肩の力を抜いてもついてきてくれるファンはたくさんいると思うよ。
道重さんは自分のファンのことを変と表現していましたが、
福田さんのファンも十分変なのではないかと最近思う次第です。
そして、そんな変な一人に含まれていれば幸せに思う、ってやっぱり変ですね。

スポンサーサイト

2014.12.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索