一億総ツッコミ時代におけるハロヲタ界は「ボケ」? このエントリーを含むはてなブックマーク

一億総ツッコミ時代を定期的に読み返しているのですが。


一億総ツッコミ時代 (星海社新書 24)一億総ツッコミ時代 (星海社新書 24)
(2012/09/26)
槙田 雄司

商品詳細を見る


ヲタの世界って珍しい「ボケ」ばかりの世界だったなぁって思ったんです。
この本では現在の日本の状況をツッコミが蔓延して息苦しいのではないか?
という説を立て、気安くツッコミを使うのではなく、ボケ側に立つことで
少しでも楽に過ごしませんか?ということをざっくりいうと書いてるわけです。

で、自分が完全にこの本に書かれているツッコミ側に立ってる自覚も有るので、
戒めとして忘れた頃に読み直す、ということをしていまして。
アイドルが好きな人と付き合い始めて(not恋人but人付き合い)10年になるわけで、
なんでここまで続いているかというとボケの多い世界が非常に心地よくて。
当時はいわゆるテキストサイト系の時代で、そこと関係あるのかなと
考えたりもしたけれど、ブログやSNSで面白いなーと思う人もいるし、
アイドルというものがそういうボケ的な要素を惹きつけるものなのかなーなんて。

あと、アイドルと書きましたが、やっぱりハロプロの世界が一番面白くて、
AKBやももクロで面白いと感じる人は少ない気がしています。
(いてもハロプロヲタ出身とかだったりして)
そのあたりの違いがもう少し自分なりに分析できたら改めて書きたいと思います。
スポンサーサイト

2014.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索