アイドル楽曲大賞2013を振り返る。 このエントリーを含むはてなブックマーク

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もinf.及びsatorareをよろしくお願い致します。

というわけで、早速「それは昨年やっとけよ」的な更新から始まります。

公式サイトは→こちら←から。

2012年では楽曲部門1位がトマトンパインでしたので、投票結果って
「女性アイドル楽曲を広く知ってる人による超有名かは置いておいておすすめ曲」みたいな印象だったんですよ。
まぁその印象はそこまで大きく崩れるわけではないのですが、ちょっと上位にメジャー感が出てきましたね。
それを「投票層の増加」と捉えるか「メジャーでかついい曲が増えた」と捉えるか。
どちらもあると思いますが、アイドルの楽曲投票としては「まともな結果になった」と感じています。
どうしてもハロプロ楽曲大賞の主催者が行っているということもあり、AKB系は上位に入りにくいかなと思ってたので。
1位は恋するフォーチュンクッキーですが、今までのシングルとちょっと変えてきて、
なおかつそれがいいというのは素晴らしいですよね。おいらは投票はしませんでしたが納得の順位です。
そして、2012年のいい曲歌うユニットがトマトンパインなら、2013年はNegiccoだったということでしょう。
本来はこの辺りは東京女子流が狙いたいところなんじゃないかと思うんですが。

アルバム部門はベルリン少女ハートが2位に食い込んできたのが目を引きました。
TOP10の半分ほどがTSUTAYAでレンタルしていないアルバムなのでみんな買って聴いてるんだという驚き。
(おいらはアルバムは基本TSUTAYAでレンタルして聴くスタイルなのでレンタル外はほぼ聴けていません…)
リリカルスクールはTSUTAYAでレンタルしてみます。
東京女子流はアルバムでは結構上位にくるんですよね。
と、ここまで書いて調べなおしてみたらアイドル楽曲大賞として独立する前は楽曲部門1位東京女子流でした。
そう考えると、東京女子流の曲がいいのはあたりまえ、みたいな印象になってきているのかも。

本年のアイドル業界が、いい曲をたくさん産んでくれますように。

スポンサーサイト

2014.01.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索