2013/09/10℃-ute武道館コンサート2013『Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~』 このエントリーを含むはてなブックマーク

℃-uteの武道館、心配はしてなかったけどここまで文句の言いようのないコンサートも珍しいです。
かといって、演出に凝りまくったりしてるわけでもないし、大絶賛するようなセットリストでもない。
それでもここまで満足度の高い結果となったのは1にも2にもメンバーのパフォーマンスなんだろうなぁ。
もちろんスタッフの方々やお客さんと一体になってのパワーなんですけど。
℃-uteが最近キテる、と言われることに対して、モー娘。でも思うんだけどやや持ち上げ過ぎじゃないかと。
そりゃ他のアイドルよりパフォーマンススキルが高いとは思いますが、相対的に語っても仕方ないわけで。
ある意味では、今回のコンサートをもって、おいらも「℃-uteのパフォーマンスがすごい」と
堂々と言える確信が持てた、というところがあります。
℃-uteのファンの方からしたらずっと前からだよっていう話だとは思いますが…。

前回のパシフィコ横浜の公演で、ハロプロにはなかなか入らなかった「ショー」の要素が入ったことで、
「あぁ、こういう形で最近興味を持ち始めた人に対して満足してもらう方向になったのかな」と思ったんです。
それはジャニーズとかももクロとか見てると全然悪いことだとは思わないし。
でも、武道館ではショーの要素もゼロではないものの、歌とダンスなんです!っていう印象だったし、
それに対して「ショーの要素が足りない」っていう不満を持つこともなかったです。
そればかりか、「初武道館でSOLD OUT」「℃-uteの日」「森高千里がゲスト」なんておまけがなくても
普通に℃-ute武道館で成立してたな、っていうのが嬉しかったんです。
℃-ute単独でこういう規模はおいらは見たことがなかったのでうまく想像できなかったんです。
だからやって来なかったのも「℃-uteにまだそこまでの意識がなかったのかな?」と思ってたんですけど、
むしろ今までなんでやって来なかったんだレベルで問題ない。

本人たちも言うとおり、これからまたスタートで進んでいくんだろうから
今までを振り返ってどうのこうのっていう話はここではしないし、そういう話に興味があったら
9/10に発売された℃-ute本を読んでくださいって話です。
本の感想も順次追記していってるのでよければご覧ください。

一つ反省点があるとすれば、節約からアルバムをレンタル待ちしてて聴かない状態で行っちゃったことですかね。
最近のハロプロは一発聴いただけでこれは!ってなる曲が少ないので聴き込んでいったほうが良かったかな。
まぁ聴いていかなくてもこれだけ満足してるんだからいっか!と勝手にポジティブシンキング。
ちなみにお知らせしておくと、TSUTAYAでは9/21にレンタル開始予定です。
今の℃-uteをぜひ聴いていただきたいな、と。

スポンサーサイト

2013.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索