2013/08/11THE ポッシボー東名阪ライブツアー2013勝負~合計2222名動員でサンプラ押さえっ!!~夜公演 このエントリーを含むはてなブックマーク

はっきりしたネタバレは隠しますが、少しでも雰囲気を行くまで知りたくないという方は
今すぐ戻るボタンや閉じるボタンなどで回避下され。

個人的な精神的調子もあるのかもしれないけれど、最近「正直昔の方向性や歌のほうが好きだな」と思う
アイドルが本当に多くて、ここで感想を書く頻度が落ちている現状がありまして。
ポッシボーも、ライブの楽しさはしっかりと感じられつつも、「①Be Possible!が一番の名盤!」主義なので、
客に声をガッツリ出させテンポも速めの盛り上げ系曲の雰囲気に違和感を覚えつつ、
「でもこのパフォーマンスに対して観客動員数が少ないよなー」という気持ちはずっと持っております。

ここ最近のポッシボーはですね、ニコ生を毎週配信しておりまして、本当に初期は
今回のライブに向けてどうしていきたいかを会議する模様を流す、ということで
「ポッシボー会議」という名前にしたはいいものの、チケットの売上が芳しくないらしく、
途中から「実演販売ライブ」と題してリハーサル室かなんかの場所でおもちゃマイクを持ち、
カメラ一台のマイク1個の状態で歌い踊る様子を配信していました。

だもんで、最近はニコ生のサイズ感だったり、たまにやるライブも新宿BLAZEなどの小さめの箱だったので
横浜BLITZで見た時、ちょっと箱のサイズに慣れない状態が最初の数曲くらいありました。
新宿BLAZEで見てる時には「もっとでかい箱でやるべき」と思っていたけれど、いざ見ると
高まりより先に戸惑いがやってくるという結果に。
出る側としても大きいサイズの箱をちゃんと踏むことでパフォーマンスの意識も変わってくるでしょうけど、
見る側としても適切なサイズの箱でのライブを見ておくことは大事だなぁと改めて感じました。

ネタバレ無しで書ける範囲はこのくらいですかね、あとは徐々にネタバレ要素をいれつつの感想です。

2013.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索