バラエティ番組における「嘘」(a.k.a「演出」)について このエントリーを含むはてなブックマーク

ちょっといつもと関係ない話ですが、あまりにびっくりしたので。

世界は数字で出来ている」という、主にラジオやテレビで語られる芸人に関する話を
書き起こしされているブログが有りまして、RSS登録して毎回楽しみにしているのですが。
カルチャーショックを受ける更新があったので、紹介させて頂きます。

ナイナイ・岡村「AKB・板野友美のツイッター炎上にみる視聴者のレベルの低さ」という記事なのですが。

今まで読んでいて、自分でもチェックしたラジオだったりの書き起こしについては嘘はなかったですし、
元になったナイナイのオールナイトニッポンのサイトでもざっくりそういう感じのことが書いてあったので
きっと本当なんだと思います。以下は、「本当に言っている」という前提で話を進めます。

まずは視聴者のレベルの低さなんですが、ある意味レベルの低い人も見たからこそのあの視聴率だと思うんです。
もうレベルがある程度ある人は今のテレビをそんなに積極的に見ようとしてない気がします。
まぁ自分がガッツリテレビを見るので自分でレベル低いって言ってるようなもんなんですけど…
おそらく今の若い人たちって「なんとなくテレビつけてたら面白くてつい最後まで見た」とか
そういう経験をしたことがないんじゃないかっていうくらいのテレビの現状ですよね。

ただだからといって、そのレベルの低い視聴者っていうのに合わせてたら未来はないのではないでしょうか。
板野さんは普段のブログやツイッターよりも多く反応があったもんだからついこたえてしまったんでしょう。
まぁそこまではある程度しかたないかなぁとも思います。板野さんに「無視したほうが笑いが活きる」とか
そんなことまで判断しろというのは、笑いが本業じゃないんだからできなくても不思議じゃない。
だからこそ、芸人やスタッフ側がちゃんと説明して、そういう一部の人に説明しちゃうことで
他の楽しんだ大多数の面白く感じた度合いを下げてしまう結果になることを本人に言わないと。
それでも板野さんなりに考えて判断して説明したというのは百歩譲っていいとしましょう。
キンタロー。とナイナイがそこで種明かししたら自分たちであの放送の笑いをいくらか奪ってしまってます。
まぁナイナイに関しては「これ以上言うな」っていうメッセージ含めてだから、
これからのめちゃイケだったりを考えて、あえて言ったんだと思うんですが。

とはいえ、「志村、うしろうしろ!って、わかってやってんだよ」って今言うのとは違って、
テスト企画は現在も度々行われてる、現役の企画なのでそこを種明かししちゃうのは複雑です。
この場合の「そこ」は、板野友美さんとキンタローのやり取りを指すのではなくて、
先ほどの更新の岡村さんの「実は、放送されてませんけど~」の後の件に対してです。
そこはそうなんだろうとは思いますが、それを言っちゃうと面白さがくんと減りますよ。
そうまでして説明されないとわからないって人がそんなに増えているのでしょうか。

できれば、そういう一部の人達に合わせて面白さを削るような番組作りはしてほしくないです。
こないだのYESTVで、スマスマ5人旅はどこまでガチか?って話をしていて、
テレビのプロでさえどこまでかわからなかったのですが、それを語ることも楽しみの1つなんです。
どこまで演出じゃないんだろう?って考えたいんです。事実なんか知りたくないんです。
事実かなんて、言わないほうが面白いんです。
今ってなんでも「本当のこと」を打ち明けることが正義みたいな感じを受けますが、
そんなみんな本当のことを知ってどうしたいのか、おいらにはわかりません…
少なくとも娯楽の中には、「ガチか演出かわからないことを楽しむ」というものがあると思います。
いや、「演出とわかった上で楽しむ」というものだってあります。
おいらだって、こんなことを書くのは無粋だと思うのですが、岡村さんがあれだけ手の内ばらして訴えたので、
おいらなりに思うところを書くことにしました。

バラエティ番組はこれからも、「面白いこと」を基準に、ガチか演出か考えてしまうようなものをたくさん見せて下さい。
一テレビっ子として、楽しみにしています。

スポンサーサイト

2013.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索