てっぺんとったんで!/NMB48 このエントリーを含むはてなブックマーク

通常版Type-Nを聴いた感想を。

一応AKB系列のシングル曲の中では、NMBの曲が一番好みということがあり、楽しみにしていました。
ようやくアルバムを出せるようになったんだなぁと感慨深いものが…とはならなかったのですが、
聴いてみたらやっぱり好きだなぁーと思ったので書くことにしました。
あえて今回は☆評価は書かずにやってみたいと思います。

1. てっぺんとったんで!

このコンセプトだから仕方ない面はあるんですけど、1曲目がこういう曲なのはちょっと残念かも。
関西弁で歌われると「イロモノ」歌っぽく聞こえちゃうと思うんですよね。
関西弁は「てっぺんとったんで」のフレーズだけにしたほうが適度かな、と。
「関西魂で行きまっせー」的ニュアンスはもちろんコンセプトとしてあってもいいけど
最初の印象をコテコテにしちゃうのはちょっともったいないですね。

2. 絶滅黒髪少女

当時タイトルからして秋元康書きそうだなーと思ったのを覚えてます。
この頃はSKEも徐々に育ってきて好きに書けない感じなのかなーって。
だからこれからはNMBで羽伸ばして書く感じになるのかなって。
最後の土下座は意味わかんなかったですけど…

3. オーマイガー!

シングル2枚目にして「ただのAKB系曲」に行っちゃったのはどうしてなんでしょうか。
このあたりはもっと「AKBやSKE」とは違うんやで!ってことをアピールしたほうが良かったのでは?
逆にAKBやSKEのファンに興味持ってもらいやすいように似たような曲にしたのかなぁ?
この路線にしちゃったことにオーマイガー!って思ってたんですけどね。

4. 純情U-19

なので3枚目でこっちに戻ってきてもらってよかったなって心から思いました。
ダウンタウンにもネタにしてもらえたし、こっちで行くんだな、と。
サウンドは若干他のグループに寄せ気味ではあったけど、NMBならではみたいなものを感じられたし
一部の人にはどんびかれるかもしれないけどAKBってもともとそういう感じだったしねー。

5. ナギイチ

AKB系列は水着PVを撮らなきゃいけない決まりでもあるんですか?
確かに水着映えする選抜メンバーいるから気持ちはわかるけどそれはグラビアでやって欲しかったです。
これだけAKBフォーマットに乗っけた曲が唯一オリコン1位を逃してるんですよね。
個人的には「ざまぁみろ、これを反省に路線戻せ!」って思ってました。

6. ヴァージニティー

もうサイクル的にいいよね、おんなじようなこと打つの疲れました…。
でも黒髪といいU-19といい、こういう路線の山本彩の似合わなさはすごいなと思います。
まぁ松井珠理奈とか大島優子だったら似合うかって言われるとまた難しいけれど、
そういう意味では前田敦子はそう見せる能力はあったな、と最近改めて実感しています。

7. 北川謙二

NMBのシングルでは一番好きな曲です。
タイトルにスタッフの名前をつけちゃうっていうのに関しては滑ってるなって思いますけど、
サビのメロディーが良すぎて。方向性としては否定したいタイプなのにそれを跳ね返すメロディーライン。
この曲でいわゆる「鉄板曲」がようやく回ってきたのかな、という気がしています。

8. HA!

うんうん、アルバム曲っぽくてイイね。絶対シングル曲にならない感じ。
まぁこのタイトルだとどうしても「古い日記」が浮かんでしまうわけですが、
モノマネのデフォルメもあるけどやっぱり「古い日記」に対して「HA!」感が足りないですよね。
もっとお腹いっぱいなくらい入れてきても良かったなって思います。

9. 12月31日

この、「本人たちの物語性」に感情入れさせるタイプの曲はゆっくりな曲が多くて、
感動させようとしている意図が見えちゃって素直に感情移入できないのが正直な所で。
曲単体で気に入ればまた話は別なんですけど、あくまで物語ありきの曲だな、と。

10. Lily

まぁ中盤の箸休め的曲と言ったら失礼かもしれないですが、歌ってる姿込みな感じはします。
音源だけ聴いていい曲!ってなるタイプの曲じゃないのかなって。
なので判断は保留!w

11. ジャングルジム

山本彩ソロ曲。山本さんのファンの方的にはどういう評価なんですかね?
NMBのリクエストアワーが開催されるらしいのですが、あれは曲の良さとかだけじゃないからなー。
わるきーのほうはどんな曲に仕上がってるんだろうと思ってちょっと聴いてみたら、
こっちは完全にアイドルソングしていて、あぁ、一応メンバーによる差別化はなされていると安心しました。

12. 捕食者たちよ

今っぽくない感じ、嫌いじゃないです、むしろ好きです!やっぱり秋元康にはこういう曲が似合います。
いや、歌ってるのは秋元康じゃないですけど…
ただメロディーが若干惜しいというか不自然、じゃないけどすっと入ってこないのが悔やまれます。
とはいえやっぱり好きな事には変わりないです。

13. NMB48

この曲はフォーマット出来てるから素人でも作詞できるよね。
アシスタントに作らせたんじゃないかと読んでいるのですがどうでしょう。
ただ「なんば48」じゃなくて「NMB48」なんだっていうところにこだわりはあんまりないのかね?
ないんならおいらのような部外者が口出しすることではないのです。

14. 青春のラップタイム

特に無し。

15. 僕は待ってる

脱落者は出したくないんだ…。虚しい言葉だ…。
まぁNMBもなんやかんやあるけど、ここまできたらやってく他ないもんねー。
まだ総選挙でもあんまり上位には食い込んできてないから、AKBグループで見たら
まだ始まってない、という感じなのではないでしょうか。
げいにん!2始まって見ましたが、やっぱりあれを映画にするのはいいのかどうか。

---

最後あんまり曲関係なくなっちゃったんですが、こんな感じです。
AKBとSKEに比べて曲に期待してる部分は大きいので、これからも良曲期待してます!

スポンサーサイト

2013.04.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索