2013/03/03Hello! Project 春の大感謝祭 ひな祭りフェスティバル 2013~Berryz工房10年目突入スペシャル!~・~Thank You For Your Love !~ このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日に引き続き最高でした。
ただ、ブログを書くようなヲタの中で、モー娘。は新メンバーを従えてのHelp me!!1位の勢いとか、
Berryz工房は9周年の貫禄のパフォーマンスとか、℃-uteは今来てる上にパフォーマンスも素晴らしいとか、
語る人はいると思うのですが、スマイレージに重点を置いてブログを書く人がもしかしたら少ないかもしれない。
なので、このブログではスマイレージについてで半分を占めるような更新をします。
昨日では夜遅くということもあり短めの内容でしたが、今回はたっぷり書かせて頂きます。

昨日とは別に、今日のラストをスマイレージが務める(厳密にはその後全員でのブスにならない哲学あり)ことに
心配をしていました。しかもその前には℃-uteです。
そして、昨日見た時点で、歌やダンスでは贔屓目なしではどうしても軍配をあげられないのが正直な所。
そこをMCとか気合でカバーする作戦なのはわかりますが、並べられる程ではないとも感じていました。
多分みんながそう書くだろうと思ったので昨日はあえていい部分に絞って書いたのですが。

ただ、スマイレージはこの大トリに全身全霊をかけていました。
ハズレ曲がほぼないというアドバンテージはあるものの、気合だけで本当に大トリを務めてみせました。
「そんなのスマヲタのパフォーマンス不足の言い訳でしょ」という意見の方もいるでしょうが、
その意見には「そういう次元の話をしているのではない」と言わせて頂きます。
歌やダンスの経験は全て現在進行形な以上、そう簡単にベリキューとの差は埋まらないわけです。
もちろん練習をだからと言って怠っているとは思いませんが、「ハロプロで一番と認めさせたい」上で
限られた時間で他のグループに勝てるところはなんだろうと考えて、
MCでのインパクトある「宣戦布告」と、勝つんだっていう気合という結論が出たんだと思います。
実を言えば、おいらはそれまで「気合い」という部分をあまり評価していませんでした。
極論にすると「どう思ってようが見て聴いて感じられなければ意味が無い」に近い感じです。
そんなおいらですら感じた「気合い」(もっと適切な言葉があるかもしれない)が如何程なのかと。
和田さんのブログでもその一端を感じることができるのではないでしょうか。
そして、特に夜のセットリストが神がかっていました。特にここで「大人の途中」のカードを切ったのGJ。
幸せに満ち満ちた内容でございました。

和田さん以外のメンバーのブログでも感じることはできるのですが、あえて先ほど和田さんをリンクしました。
それはなぜかというと、おいらがこの更新で一番伝えたかったことが書いてあったからです。

やっぱり、ひなフェス後のスマイレージメンバーの気持ちは皆、一緒です。


「春ツアーがやりたかった!
とにかく、ツアーがやりたい!」


現状、スマイレージの今年の春ツアーは発表されていません。
実はスマイレージ単独で春にツアーは一度もやっていません。
(各地を回るライブという意味です。ベストアルバムリリースコンサートやスマイルファクトリーなど単発はあり)
3月で高校を卒業し、4月から新しい生活が始まる和田さん福田さんの予定が不明だから立てられない面もあります。
集客の面など、春ツアーを実施しない理由があるんだろうな、とも思います。
ただ、確か春にアルバムが出るという話だったはずなのに引っさげたツアーがないという事実。
それが、素直に悔しいです。

---

言いたいことが言えた所で各グループをさらっと振り返ります。

モー娘。はあのメンバーでの練習がほとんどできていなくて、おそらく単独コンサートでやる曲から選んだのかなと。
学業とリリース関連イベントに加えて里山の活動や里山ユニットとしての活動などを考えると。
123からのシングル曲が基本でしたが、今日は昼にOK YEAH!、夜にドッカ~ンを入れてたのは好評価。

ベリは昼公演が完全に「ベリの、ハロプロメンバーによるベリのための公演」でした。
「Berryz最高!」を叫びたくなる気持ちが初めてチョビっとわかった日でした。
あと春ツアーからの安易な転用に走らなかったことにも好評価。

℃-uteは悲しきヘブンを持って来なかったのはほんとうに残念。
ライブを収録しただけとはいえMV作ってYoutubeに配信までしたものをやっぱり大会場で聴きたかった。
こないだの単独ライブは逃していたのですが、ジュリエットジュリエットと新しい都会っ子 純情がいい!

それでは今回も夜遅くなって参りましたのでコレにておやすみなさい。

(追記:2013/03/04)

更新時の気持ちは上記の通りで、その気持は変わってはいません。
ただ、他のグループについてさらっと書きすぎたな、という反省はあるので、
ちょっと改めてスマイレージ以外のグループについて追記させて頂きます。

モーニング娘。は説明が足りてなかったと今日読み返して思いました。
小田さんが加入して11人でできる曲≒春ツアーでやる全員曲だと仮定すると、
あまりそこからバリエーション豊富にセットリストを作ると、春ツアーの全員曲がほぼバレてしまうんじゃないかと。
プラスして、田中さん卒業シングルが完全に123からの流れを汲んだものだったということは、
少なくとも田中さん卒業まではモー娘。はあのイメージで突っ走りますよ、とも読み取れます。
なので、123からのシングル曲が多かったのはスタッフ側のモー娘。に対する意向でもある可能性。
おいらもこれはつい思ってしまうんですが、123からのシングル曲は
コールや間奏での「おい!おい!」をガンガン入れるような騒げるタイプの曲ではないわけです。
だから、そこと対バンフェス的なものとの食い合せがちょっと合わなかったかもしれません。

Berryz工房は、「対バン?フェス?知らねぇよ、ベリはベリのステージをやるだけだ」という姿勢。
ハロプロ以外との対バン(ポップンアイドル)でもアルバム曲ガンガンやったりしてたのでぶれないな、と。
まぁ一応盛り上がるタイプの曲をちょっと多めに混ぜときました、ぐらいだったにもかかわらずあの楽しさ。
昼公演はそんな彼女たちの楽しさを存分に味わい、最後には涙あり笑いありのベリ劇場。
メンバー変化をほとんどせずデビューして9年。一人でも欠けたらBerryz工房じゃないと言っていましたが、
そういう発言はもし今後卒業とかあった時に絶対突っ込まれるからしないほうが得策だと思います。
もちろん気持ちはわかるしファンの多くは同じ気持ちだとは思うのですが。

℃-uteは、盛り上げ曲を基本としつつ、世界一HAPPYな女の子とかキャンパスライフとか、
緩急をつけて短い時間で℃-uteをアピール出来たのではないでしょうか。
悲しきヘブンをあの会場で聴きたかった気持ちは強かったけども、振り返ると歌わないメンバーがいる曲って
今回の3回では誰もやってないんじゃないでしょうか。何かルール的にあったのかな?
ちょっとメインレールではないにしろ、あーやって盛り上がって、ただのライブの映像だけど
MVがYoutubeに公開されたりしたわけで、特に℃-ute以外のファンにも見せるいい機会だったと思っています。
あと3月だから桜チラリ入れても良かったかな、とも思うけどまだ寒いからね…

Juice=Juiceはほぼ前夜祭の更新で書いた通りです。早く音源がほしいです。MVも作って欲しいな。
そして、もうすでにいろんな曲を歌う彼女たちが見たいという欲求が生まれています。
生タマゴShow行っとけばよかった、と思いつつ3月のはさくら学院とかぶって行けないという…。
あと、自己紹介が若干気になったかな。あの加入初期のメンバーの自己紹介フォーマット。
あのフォーマットで「この子気になる!」ってなるかなぁ?という疑問がふつふつと。
その割には定番の「つんく♂命名ニックネーム」とか、フルーツの担当とかは言わなかったので(よね?)
やるならやるでちゃんとやりきってくれよ、というのは思いました。
(やるつもりだったけど緊張で本人たちにそんな余裕がなくて飛ばした可能性もあるか。)
あとハロプロ公式サイト(not研修生公式サイト)にプロフィールができているのですが、
宮崎さんにもニックネームつけてあげてもらいたいです。(気に入るかは別問題ですが)

ハロプロ研修生にとっては今までで一番大きな会場だったのではないでしょうか。
この経験で1人1人の意識のギアがまたひとつ入っているとうれしいですね。
だからそれを確かめるためにも、3月の生タマゴShowを見たかったのだけれど…
エッグ時代にも新人公演って1回しかライブDVDとして販売されてないんですよね。
調べたら昨年9月と12月の公演グッズにDVDは入ってないので、DVDマガジン的なものも作ってないのか。
例えばデビュー決まってから昔のライブDVDとかが手に入ると流れを追えてすごくありがたいんですが。
1回の公演のグッズとして売ったら大して売れないのかもしれないけど、ずっと売ってれば
そういう需要っていうのはあるんじゃないかなぁというのは素人考えですかね…?

夜公演ではソロがありました。それぞれ自分で選曲してるとしか思えないラインナップ。
中島さんは恋のテレフォン GOAL。
FCのソロイベとかでも自分に合う曲っていうのが客観視できているというのが強いな、と。
嗣永さんはね~え?。
こちらはむしろ合う合わないとかじゃないレベルで選曲してる感じがします。
勝田さんは甘酸っぱい春にサクラサク。
うんうん、学校楽しいんだね、ということがひしひしと伝わってくる選曲。
清水さんはdearest.。
曲流れ始めた時なんの曲か思い出せなかったよ…。ソロの人の曲が多いのは自然。
岡井さんはONLY YOU。
どうやら魁音楽番付にてフリっぽい発言があったようで、
キーワード録画に頼らずにちゃんと予約しとけばよかったと後悔先に立たず。
田中さんは抱いてHOLD ON ME!。
誰かが言っていてなるほどと思ったのですが、ハロプロ卒業前にモー娘。の歌を歌っておきたかったんじゃないかと。

そういえば、発表された新ユニット(SATOUMImovement)についても書き忘れていましたね。
SATOYAMAから思ってるんですけど、このシャッフルのメンバーは誰が選んでるんですかね?
つんく♂さんは選定に関わっていないように思うのですが。
ま、それはとりあえず置いといて、各メンバーを見て行きましょう。

ダイヤレディー:菅谷梨沙子・鈴木愛理…唯一無二の最上級ディーヴァデュオ。

なんか紹介のされ方がどえらいことになってますが。
ベリーズ仮面VSキューティーレンジャーのVERY BEAUTYを思い出したけど一緒には歌ってなかったっけ?
これはメンツ見ると事務所的には外すわけにいかない感じですよね。
ただ、もうすでに里海と関係あるのかがいまいちわからないユニット名なんですけど大丈夫ですか?

メロウクアッド:徳永千奈美・岡井千聖・夏焼雅・矢島舞美…パワフルで華麗なパフォーマンスにも期待!

メンバーがSATOYAMAと掛け持ちなのは別に構わないです。
DIYとほとんど一緒じゃないか、という気にもなりません。
前回の更新で書いたとおり、このシャッフルユニットは戦国鍋TV的見方をしているので、
メンバーがかぶることに何の違和感も持たないのです。
色んな意味で徳永矢島と夏焼岡井に分かれそうな感じがしますが。

Plumeria(プルメリア):中島早貴・石田亜佑美・福田花音・生田衣梨奈・萩原舞

福田さんキタ!!!!!!萩原さんも一緒だから心配ないですね!
このユニットだけパフォーマンスに関する記述がなかったのはなんで…?
プロフィール眺めて気づいたのですが、中島さんから生田さんまで学年が全員1個づつ違うという。
ま、それに何の意味があるかといわれるとそれまでなのですが。

最後に併設の展示イベントについてもちょっとだけ書きます。
写真撮影可というのにも結構驚いたのですが、メンバーを上手く使って良いイベントになりました。
このご時世にハロプロ中心の展示イベントにあれだけ協賛というか、企業・団体が協力してくれるものなんですね。
協力してくださった企業や団体のみなさまに深く感謝いたします。
スポンサーサイト

2013.03.03 | | Comments(2) | Trackback(0) | Hello!Project

コメント

ばくわらさんがあまりにリア充すぎて。・゚・(ノД`)・゚・。

2013-03-04 月 21:05:47 | URL | CC #j.n6faTE [ 編集]

Re: タイトルなし

勝田さんは生田さんとはまた違ったリア充感が出ています。

2013-03-04 月 21:26:51 | URL | satorare #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索