2011/11/23ハロー!プロジェクト☆フェスティバル2011 このエントリーを含むはてなブックマーク

ここを読んでくださっている方々であれば、この時点である程度の感想は見聞きしていると思われます。
シングル買って入るイベントとしては破格のミニハロコンとも言うべきライブ、
握手券交換、そして握手自体の仕切りの悪さ。
ぁまのじゃくとしてはそういった多くの意見と同じ言葉で説明したくはないので考えたんですが、
要するに何を目指すか、という所で取捨選択が中途半端だったということなんでしょう。
握手イベントにしたいのであれば、どういう仕切りでどう人の流れを作ってどう捌けばいいのかを考えるべきです。
パフォーマンスを見せたいのであればあの内容なら握手なしでも満足する人は多いでしょうし。
握手もパフォーマンスもと欲張って、おそらくパフォーマンスの優先順位を上げたばっかりに
それ以外の整理券交換や握手などの仕切りの質がぐんと下がってしまったのではないでしょうか。
セットリスト的にも、定番シングル曲で占められ、LOVEマシーンまで入れてるということは
ハロプロの現場に行き慣れていない方を意識したため、色々詰め込んで満足してもらい、
リピーターを作りたいといった思惑もあったのかもしれません。
しかし中途半端ではむしろマイナスの印象の可能性もあります。
スタッフの挨拶では予想を超える客足と言っていましたが、ハロプロ全員集合なんだから
事務所にはもっと強気に出て欲しかったですね…。地に足をつけるというのは大事ですが。
そもそもハロプロの現場に行き慣れていない方を意識してるのであれば、
がっつりのヲタもそうでない方もそこそこ来るって考えてるはずなんですが…。

とはいえ先ほども言ったようにライブ部分は本当にこれでもかってくらいやってくれまして、
満足は十分にしています。満足だったからこそ残念な部分が余計に目についたということです。
驚いたのは、歌以外の部分が殆ど無かったことです。MCも最低限という感じでした。
個人的にはもっとゲームコーナーだとかがあったりするのかなぁ?と予想していたので、
そこはいい意味で裏切られたという印象です。
ハロプロの現場に行き慣れていない方にも、ハロプロのライブの面白さみたいなのは
感じてもらうことができる内容だったと思います。(トークが他のアイドルより面白いかは人によりますし)

全体的な感想は挙げていったので細かい点を箇条書きで。

・つんく♂さんVTRはまさかのスカシ。今までこんなケースは見たことない。
 初すかしっていうカードをこのイベントで切っていいのかと少し心配になってしまいました。
・光井さんの現状報告は確かに気にならないわけではないけど、このイベントで言うことか?とは思いました。
 今日のお客さんが濃いヲタばっかりなら別に問題ないんですけど。しかも全回復じゃないし。
・BLTのモベキマスそれぞれが表紙のやつを販売してたらしいのですが探しだせませんでした…。
 というか11月の番組表なので1週間しか使えない月刊TV雑誌ってどうなんだろうね。

あかん、この更新見たらイベント問題だらけっぽいわ…。
違うんですよ、たしかに問題はあったけど楽しんだんです、来てよかったと純粋に思いました。
だから本当はこういう全員集合みたいなのをでっかい会場で年1回やってほしいというのがおいらの望みです。
後ろの方の席を安くすれば行ってみたいと思う人の敷居も下がるだろうし、
なにより全員集合ということにありがたみが薄れてると思うんです、現行の夏冬ハロコン方式は。
ちょっと本気で考えてもらいたいですー。
まぁそれが難しいということであれば、こういう形のイベントも年1回くらいのペースであっていいです。
今日は本当に楽しませてもらいました、ととってつけたような感想で締めさせて頂きます。

スポンサーサイト

2011.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索