男目線でのHey!Say!JUMPコンサート このエントリーを含むはてなブックマーク

12/25の公演は本当にざっくりとしたことしか書いてませんでした。
それに加えて、今日ふとジャニーズ初心者のハロヲタ男子が行くHey!Say!JUMPコンサート初参加感想というのを見つけて、
あぁ、こういう頃の気持ち忘れてるなぁと思いつつ、やっぱり今でも思っていることで
共通することも多いので、改めて今回のコンサートの感想を書いてみようかな、と思った次第です。

おいらは、基本的には提示されたものを出来る限り楽しむために、応援するスタンスだったり
ポリシーのようなものはできるだけ変えていくということをモットーにしていますので、
一番初めにジャニーズのコンサートを見に行った時とは全然変わってしまってます。

まず、男子のがら空きトイレは、最初の頃ハロプロとは真逆の様子にわくわくして、
会場行ったらまっさきにトイレに行って様子をみるのが楽しみだったなぁ。
最近は全然行ってないんですけど、たまに女の人が男子トイレから出てきますから。
あれ、人の前では「女子の前でトイレするのドキドキする」とか言ってネタにしますけど、
リアルな事いうと入るこっちが遠慮してしまうので避けていただきたいんですよ。
何で男子トイレはいるのに男が遠慮しなきゃいけないのさ?
しかも入ってる女の人は割合平気な顔してるんですよね。
もっとさー、申し訳なさそうな顔とかしてくれよ!と思ってしまいます…。
女子トイレ結構並んでるし、気持ちはわからなくもないですけど、そこはどうか
事前に別の場所で済ませるとかして、男のオアシスを侵さないでいただけると助かります…。

あと、ハロプロに慣れすぎてると、「まもなく開演です」のアナウンスで会場が「Fu-!」って言わないと
なんか足りない…!って思ってしまうんですよね、完全にハロプロに慣れすぎた弊害ですね。
AKBだとどうだったかなー、もう1年くらい行ってないので忘れちゃいました…。
あ、Hey!Say!JUMPのコンサートだと、アナウンスのあとぐらいから「JUMP」コールが起こり始めます。
ハロプロで言うところのアンコールみたいなコールといったらイメージしやすいですかね?

花道があるからしょうがないという面もあるんですけど、ちゃんと踊る曲は少ないですよね。
それはもう、ジャニーズの文化として、一定数のファンサ(ファンサービスの略、ハロプロでいう「反応」)
に応えるっていうのはしょうがないし、ファンサを狙ったうちわほんとうに多いですから。
手を振ってから始まって、撃って(手で銃のふりをしてやる、ハートを撃つってのにかかってるんじゃないかな?)、
ピースして、じゃんけんして、…。
今回見たのでびっくりしたのは、「KARAやって」(腰振ってってことだと思うんですけど)と
「注目!超美人→」(自分にそういう触れ込みでアピールできるってすごい神経持ってるなーと感心しました)。
ハロプロでもすごい光るやつを持ったりとか、スケッチブックみたいなのでアピールする人はいるけど、
ジャニーズはうちわ(このうちわも普通に考えるうちわより大きい物)にメッセージを書くので、
なんというか「あからさま」なんですよ。
こちらからすると「もうちょっと恥じる心を持とうよ」と思うこともないわけではないですが、
そこは男女の差もあるんじゃないかな、と何となく思って自分の中で解決したりしています。

Jr.に触れる機会が多いのは、Hey!Say!JUMPのメンバーやグループしか好きじゃない人にとっては
邪魔以外の何者でもないと思うんですけど、やっぱりハロプロと同じで大概推しは移っていくんですよ。
ハロプロだと年2回のハロコンで全ユニットが揃いますが、ジャニーズは年1回のカウントダウンのみ、
しかも高倍率でなかなか当たらないので、他のメンバーを見せる機会がないんですよ。
だからコンサート中に無理矢理にでも見せて興味を引かせようという魂胆なんでしょう。
このあたりは逆に半分はジュニアのコンサートと割りきって楽しんだほうが得策と判断してそうしてます。
でも今回はB.I.Shadowとかそういう割りと有名なジュニアならともかく、
本当にちびっ子のようなジュニアの紹介の時間があるのは結構辛いですね。

あと、MCについては、今のHey!Say!JUMPのスキルでは男も楽しめるってレベルには達してないのが現状です…。
バラエティーのレギュラーでてるのに一向にトークスキルが上達しない山田くんとかね。
まぁ山田くんは一番人気あるし、ダンスで魅せるからトークは二の次なんでしょうけど…。
トークの未熟さをメンバーのイチャイチャでカバーしようとしているように感じました。
「MCはつまらないけどかわいいからいいっ!」みたいなことにしたいのかな、と。
でも、それでは男には響かないんですよね。
これはHey!Say!JUMP以外のコンサートに行ってるから余計その差は感じます。
うーん、もしかしたらメンバーに男のファンに対する意識が薄いのかもしれません。
だって、スタッフ側が「ロミオ&ジュリエット」って曲を歌わせてるんですから。
その合いの手が決まってて、以前公式サイトの動画で紹介もされたんですけど、
♪僕はロミオ「オーロミオ!」ですよ!?男で何が悲しくてオーロミオ!言わなきゃいけないのか。
百歩譲ってロミオが好きでもいいですけど、この歌では完全にこっち側をジュリエットに仕立てあげてるわけです。
その時点で男としてはおそらく想像以上に大きな壁というか疎外感を感じるんですね。
というか、男でHey!Say!JUMPのコンサートって時点で軽く疎外感なわけで、
行ってさらに疎外感を感じさせるというのはどうなんだろうと思いますよ。

その他の曲については、とにかく未音源曲が多くて予習がしにくいです。
スタジオライブがあるテレビ番組は基本チェックしてないと辛いです。
ハロプロは何でも音源化しちゃうのでそれに慣れてると結構大変かもしれません。

なんか全然いいところを書いてないような気がしてきましたが、
特効や演出についてはさすがジャニーズという感じです。ハロプロの比じゃないです。
こないだのモー娘。横アリで炎が出ただけでびっくりしましたからね。
ジャニーズだったら炎や水や銀テープやそらもうでまくりですしセットが凄い。
一回こんな演出でハロプロのコンサート見てみたいと思わせますよ。

だらだらと書き連ねてみましたが、なんかの参考になるんでしょうかね?
yoku

スポンサーサイト

2011.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | Johnny's

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索