モーニング娘。から3人が卒業 このエントリーを含むはてなブックマーク

お久しぶりです。
このサイト、死んでいるわけではありませんが、しばらく更新が止まっておりました。
一応イベントには足を伸ばしていたりはしているんですけれども、
ここで更新するほどの内容、と考えてしまうとなかなかかけなかったりもして。
(いや、はてなもなかなか止まってはいるんですけど)

で、今日は久々の更新ということで、ハロコンの感想をタップリと!…と行きたいところではあるのですが。
旬の話題を逃すわけにはいきませんので、まずはそこから書いていきたいと思います。

といっても、実はおいらが入った朝公演では発表されず、終わって家で爆睡している最中に
発表されたらしく、起きてTwitter見て「え?えっ!?」みたいになっているわけです。
で、とりあえず妄想も含めて今後どうなるか、みたいなことを書こうと思うんですけど、
サイトやっている以上、意見がかぶりたくないじゃないですか。
でも、きっと某掲示板のレスに上がってたりするんだろうなぁと思うとなかなかキータッチが進まないので、
とりあえずかぶってるかもしれないけども書いていきたいと思います。

まず、モーニング娘。卒業の件について。
卒業ということだけで切り取って考えれば、人選は妥当かな、と思いました。
今のモーニング娘。はほぼそうかもしれないですけど、その中でも伸び代が少なそうに感じたので。
まずは亀井さんの卒業に対しての公式文を引用させていただきます。
しっかりと上のリンクからご自身で読まれることをおすすめします。

亀井絵里本人より、数回に渡って体調の管理についての相談があり、「どこかのタイミングでアトピー性皮膚炎の完治を目指したい。」と申し入れがありました。
本人は、モーニング娘。加入当初から皮膚のかゆみ、肌の色などの症状をすごく気にしていました。クスリで緩和したりファンデーションでカバーしてきましたが、ライブで大量の汗をかいたり、衣装を何度も着替えたりすることで、なかなか症状の完治まで至りませんでした。
「たかだか皮膚の問題で」と言われてしまうかもしれませんが、専門医の意見としても、「皮膚の問題はそのうち体の内側の問題に移行したり、マインドに影響する可能性もある」と言われ、また、本人にとっては「皮膚の問題こそが超重要な問題」でありまして、このまま長く放置するより一旦治療に専念するということを選択し、2010年秋に行われますモーニング娘。のコンサートツアーの最終日をもって、モーニング娘。及びHello!Projectを卒業させることを決めました。
その後に関しては、症状の完治後本人と相談して決めて行きたいと思います。



身体的な問題による卒業といえば、どうしても有原さんのケースが思い出されてしまうのが気がかりですが、
本人からの申し出であることが明記されていますし、本人からのコメントでも書かれています。
ただ、この理由だと、なぜ一時休止でなく完全に卒業なのか、ということがあまり明確でないと感じました。
でも、紺野さんの卒業を見届けてきた身からすると、気持ちの問題というのは結構大きいのかな、と思います。
気持ちを完全に治療に向けたい、という思いが強かったのではないかと。
文章にもあるとおり、イベントやライブは皮膚に良いとは言いがたく、しながらの治療は
医者としてもしにくいのだと思います。

話は飛びますがこの間、岡女の体育祭のVTRを見返していたんです。
完全に内向的な少女全開の彼女は、「ライバルは誰ですか?」という問に、用意された答えを耳打ちされて
「デヴィ・スカルノ」と答えて笑いを取っていました。
その後も、聞かれて「忘れました」→「デーブス・カル?」の天然回答をしていました。
「自信のない自分、人見知りで恥ずかしがりやな自分」を変えたいという思いで加入した彼女が、
現在新垣里沙と絶妙なコンビネーションのラジオ番組を毎週やっている現状を考えると、
彼女がモーニング娘。に入った目的は十分に果たされているのではないかと思いました。
(他番組にゲストで出るとまだあまり話すことが少ないですが…)
完治後の話ですが、モーニング娘。にもどるのでなければ、アップフロント的にソロで使うのは
かなり厳しいのではないかと思います。
なので、モー娘。復帰or復帰なしかな、という印象です。

続いてジュンジュン・リンリンの公式文です。

2007年5月より、モーニング娘。の中国人留学生として活躍してきた二人ですが、歌手・タレントとしてのスキルもアップし、日本語も上達し、キャラクターとしても一人前になったと判断し、亀井絵里と同じく、2010年秋に行われますモーニング娘。のコンサートツアーの最終日をもって、モーニング娘。及びHello!Projectを卒業させることを決めました。
卒業後に関しては、中国での歌手活動を含むタレント活動を続ける為の準備期間に入ります。



亀井さんに対してこの文章の短さは二人に失礼じゃないか?というのが第一の感想です。
とはいえ、久々に「次のステップのための卒業」感が全面に出た卒業だったのは嬉しいですね。
なんかモデルに転向だとか、次なにやるかわかんないけど卒業とか、
「事務所がさせたいだけじゃね?」という卒業が最近多すぎたもので。
ただ、リンリンはともかく、ジュンジュンの日本語は一人前かなぁ?
まぁあれ以上うまくはならないだろうなぁとは思いましたが。
それと、「留学生」である以上、いずれは中国に帰ることが決まっているようなものでしたから、
3年半の留学と考えれば割りと自然かな、とも思いました。

これでモーニング娘。で一番好きなメンバーの卒業は2度目です。
でも、正直今モーニング娘。への熱はそこまで高くないのでそこまでの衝撃はありません。
ただ、残ったメンバーを見て、特にトークが心配でなりません…。
ヲタ向けなら特に問題はないんですけど、たまに外部の番組出たときにどうするか。
もう、道重さんと光井さんで他3人のさばき方をマスターするしかないような気がしてます。
空気をちゃんと把握できるのが2人しかいないんで。

あと、リンリンに関しては、ハロプロエッグ時代をちゃんと意識してくれているのが嬉しい。
岡田さんだったり有原さんは、あまりエッグ時代のことを語ったりしなかったので、
リンリンがちゃんとコメントに入れてくれているのがとても嬉しいです。
福田さんもリンリンはエッグ仲間という認識があったみたいですし、(出典忘れてしまいました…)
エッグの絆がつづいているのがとても嬉しいです。

卒業後は要するに未定ということだと思ってます。
でも基本は中国での活動だと思うので、どちらにしろおいらが見ることはないんだろうと思います。
ふたりとも、ちゃんとした事務所で向こうで活躍することを祈っています。

9期メンバーオーディションは別に書きたいと思います。
スポンサーサイト

2010.08.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索