日経エンタテインメント!2010年7月号 このエントリーを含むはてなブックマーク

つんく♂さんのインタビューとスマイレージのインタビューがあるということで買ってきました!
若干AKB48の篠田さんのことや他のアイドルの出ていますがメインはこちらなのでカテゴリはこれにしました。

「音楽系アイドルグループ 10年ぶりの開花宣言」という特集で、
AKB48のブレイクにより女性アイドルが盛り上がりをみせているとのことでした。
ただ、後半の記事に書かれているように、ここらで紹介されているようなグループは、
ブレイクする前から活動しているようなグループが多く、さらに、AKB48以外のグループが
世間にそれなりに浸透しているとは到底思えないのが現状だと思います。

ということで、まずはつんく♂さんのインタビューからでした。
エッグメンバーを年に一度試験でチェックするのは知らなかったです。
ノリメンライブのメンバー選定のように、各現場でのパフォーマンスで判断してるのかな、と思ってました。
(もちろんつんく♂さんのいう「試験」がそれに当たるのかもしれないですが)
前半はスマイレージについて語っています。メンバー選定に迷いが無いと言う言葉は、
他の選ばれなかったエッグからしたら差がはっきりとついていたってことなので凹みそうですね(笑)
おいらは全く考えもしていませんでしたが、トークについて辻加護と比較しているのは
面白いというか、たしかにハチャメチャさという意味では比較してみたい対象かもしれません。

今は一巡して自分がやりたい切り口でやれると語っているのを読むと、
逆に言えば今のモー娘。やベリキュー、真野さんに関しては出来ない面があったってことですよね。
個人的には、つんくさんがあまり主導権を持ちすぎると今の世間には受けないような気がするんで
微妙な心境ではあるんですけど。
ただ嬉しかったのは、「手が届きやすくなりすぎないようにハロプロのブランド力を保ちたい」という発言。
あれだけ握手会やイベントやりまくってそれはないだろという意見もありますが、
そこを明確に意識してくれるのはうれしいな、と素直に思いました。
あとはそれをしっかりと実行して欲しいな、と思いますね。
そこら辺の子でもなれそうなアイドルなんて意味ないですから。

つんく♂さんには、もっとハロプロやアイドルのことを語って欲しいと思っています。
ただ、その場所が日経エンタテインメントでいいのかとも思います(笑)
こういうとこで語るなら秋元さんとかのほうがイメージとしてしっくりくるような気がします。

そしてその流れでスマイレージのインタビュー。…なんですが、特別印象にのこることはなし。
こういう所で目を惹くことが書かれないっていうのは一つの課題なのかなと思いますね。
冷静に読むと和田さんの「ハロプロ以外の曲を聞いてると途中で飽きちゃう」はわりと問題発言ですけどね。
あと福田さんのモー娘。大好き「でした」発言とかね(笑)
いろんな捉え方をする人がいるから、ちゃんと「昔から」とか、正確に伝わることを意識できるといいな、と。
このグループでは福田さんはちゃんとしたしゃべりができた方が絶対にいいと思うから。

あと、個人的にはマーティの連載で、相変わらずのつんく♂さんリスペクトで嬉しかったです。
この連載は本になって発売されていたりするので気になるかたは是非読んでみてはいかがでしょうか。

そんなスマイレージの「今」を、明日横浜で見てきたいと思います。感想書きます。

スポンサーサイト

2010.06.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索