第57回紅白歌合戦出場歌手発表を受けて このエントリーを含むはてなブックマーク

はっきり言って、おいらはこの番組をとても楽しみにしている。
視聴率が下がり始め、裏番組の格闘技番組がどんなに盛り上がろうと、
おいらはこの時間はいつも紅白を録画している。

前回の紅白では、他局路線を取り入れみのもんたを司会に据え、
ある意味必死にてこ入れした結果がほぼ現状維持。
そこで原点回帰ということで決まった出場者がこちら

おいらが最近のJ-POPにそこまで詳しくないとはいえ、
顔と名前が一致する初出場歌手は数組ほど。
それはそれでいいのかもしれませんけど、なんかやばいきがするんですよね、紅白。
なんというか、レコード大賞とかFNS音楽祭とかと一緒になってる気がして。
ナンシー関も前に語ってたような気がしますが、紅白らしさって絶対にある。
応援合戦であんな平和的なパフォーマンスするのNHKぐらいだよ(笑)

おいらはNHKを擁護するわけじゃないけれど、
今の時代に50%を超える番組を作るってかなり難しいと思う。
それこそオリンピックぐらいでないと。
今の視聴率は正直過去の遺産だと思うけど、それが普通と思う。
50%を超える番組ができないわけじゃないとは思うが、
歌なんて世代によって聞く曲がくっきり分かれてしまった今、
そんな番組を作ることは本当に難しい。
しかも紅白は他の歌番組と違い、実験が年1回しかできない。
そこにベストを持ってくることは相当に難しいであろう事は想像に難くない。

と前置きをしてから書きますが、本当に今年はぱっとしない。
これは演出方法を相当考えないと辛いと思う。
もはや、こうなったら世代を超えてというより、
全部の歌を全世代に好きになってもらおうとしてみたらどうだろう。
オレンジレンジの曲を五木ひろしが推薦したり、
伍代夏子の曲をSMAPのお気に入りの曲として紹介したり。
少しでも若者が演歌を、お年寄りがHIP-HOPを。
1曲でも好きになってもらえたらそれってすごいと思う。
そこまで大きな目標を立ててくれるなら、失敗したとしてもいいと思う。
絶対にあると思うんだよね、好きになれる曲が。

今年は紅白とガキの使いを両方録画します。

スポンサーサイト

2006.12.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | Music

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索