2009/05/31「小林香菜くるくる伝説」発売記念イベント このエントリーを含むはてなブックマーク

というわけで行ってきました。
あんな時間であんなに笑ったアイドルイベントというのはあるものなのだろうか。
小林さんは、自然にしているだけで小林さんがあふれ出てくる人なんだなぁ、と感じました。

とりあえず一番重要だった2ショットポラの感想をmixiの日記から転載。

初めてアイドルと撮影したツーショットポラ。
(今までにメイドさんとは何度か撮ったことがあります)
メイドさんでさえ撮影するときに相当緊張するのに果たしてアイドルと撮影なんかできるのか?と不安だったのですが。

人間やればできちゃうんですね!…とハッピーにまとめられるわけもなく。
その前の撮影会(なんでみんなでっかいカメラ持ってんの?)の段階からえづきはじめ、ばれないように咳き込んでました。
とりあえずポーズは何をお願いしよう、何を話そう、ということをひたすら舞台に上がる前のごとく台詞の練習をしていました。
これは緊張がピークになったらすっ飛ぶなと思ったので。

だんだんと順番が近づき、小林さんの姿が近くに見える…。
両手でピースをしている人、猫のようなポーズにしている人、オリジナルのネタを仕込んでいる人…。
いや、もうむしろそんな人のことは考えてる余裕がない、台詞を繰り返し復唱し、いよいよ…

小林さん「どうもー(このへんうやむや、緊張して覚えてない)」
おいら「あの、『はなちだーす』のポーズをお願いします」

言えた!言えたよ!!!(初めてのチュウ風に)

そして間近で見たショートサイズの「はなちだーす」。
おいらには一瞬本気で何かが放ちだされているように見えました。
アイドルの輝きってすげぇ!!!!
おいらの中では某キラキラパワーに負けてないぐらい何か出てたよ!
とりあえずわれに返ってポーズをあわせて撮影。

そのあと握手。
いや、あんなポーズ頼んでいてすでに恥ずかしさでいっぱいなのでもう帰っていいですか?っていう心境なのですが安いお金でもないのでとりあえず話しかけます。

おいら「鈴木愛理ちゃんの握手券もらってから来てごめんなさいね」

ごめんなさい、さすがにアイドルの前でアイドルの握手券をもらってきたことを高らかに言うほど心臓強くないっす。いくら小林さんが愛理好きでも。
なお、当初愛理Tシャツを着ていくという案を悩んだのですがそこまで入れ込んだファンではないはずなのでおそらくネタが伝わらないと判断し断念しました。
あと、アイドルの最初のポラが愛理Tシャツって…。
まだHey!Say!JUMPツアーT来たほうが自分に正直だわ。

小林さん「え、そうなんですか!?」

あれ、思ったより悪いリアクションじゃないぞ?
この辺で軽く機嫌悪くなるかなぁと思ってたのに。
この辺で少しほっとしました。

おいら「でも、小林さんはこれからもずっと大好きなんで」

言ってしまった…アイドルに対して「大好き」って、今まで誰に対しても言ったことなかったのですが…。
これは録画されてたらそのテープを回収するためにお金を積みたいぐらいです。
ある意味普通の状態だったら絶対この台詞はいえなかったわ、どうかしてたんだなこのとき。

小林さん「あー、ありがとうございます」

あ、これは若干信じてない感じの返答だな…
ま、そりゃ前の言葉がアレでこれはないよな…。一応フォローのつもりだったんだけど…。本心だし…。
それにAKBはやっぱり推しがすぐに変わる人も多いんだろうし、あーいう環境にいると「ヲタの一途」に懐疑的になるのかもね…

おいら「がんばってください、選抜に入れるように祈ってます」

そろそろまとめに入って終わるつもりで。
なんか準備してたことはすべていえたので安心しちゃってそこから膨らまそうとか全然思わなかったよ!
膨らますって話のことだよ!決して(ry

小林さん「お、ありがとうございます!」

最後の顔がわりと喜んでいるようだったので安心しました。

小林さんにとっては顔あんま見たことないお客さんの一人だったかもしれないけど、
おいらにとってはかけがえのない大事な時間でした。
すばらしい時間をありがとうございました。

ただ、ポラを撮りたいという気持ちは相変わらずないままです。



といった感じです。ひたすらにやばかったですね。
ではそれ以外の部分もレポしていきます。

進め方としては、トーク→撮影会→握手会/ポラ撮影という流れでした。
というわけでトーク重視でレポ開始。

まずは130人ほど集まったことに対し、「これだったら一人で公演できるかもしれませんね」とか
若干調子付いたことをいい始める小林さん。
いや、もしそんな公演あったら絶対行きますけどね。
そして、ずっと前からグラビアをやりたかったという話で、散々マネージャーさんに
言ってたらしいです、年齢の問題っていわれて却下されてたみたいですが。
それで、グラビアどんな感じだと思ってたか想像の絵をと振られて書いたのが、
雲があって、やしの木が立っていて、「いいよいいよー」って言ってる人がいる、という図。
せっかくグラビア撮るんだからがっつり晴れてたほうがいいような気がするのは気のせいですか?

そしてDVDの見所を、というところで「破壊テニス」と「宇宙との出会い」をあげていました。
詳細はDVDでぜひ確認して欲しいんですけども。
「見た人ー?」って聞いて手あげた人が少ないことに思わず「少ない!」と叫ぶ小林さん。
まぁたぶん結構な人が当日DVDを引き換えしたんだろうね。
ここから結構近いところがロケ地なのでぜひ行ってみてくださいと近隣迷惑を考えず口走る。
指摘されて「行かないでください」「行くなら曜日別に分けていってください」と変更。
どちらにしろ毎日数人来たら軽く不審者だと思うのですが。

あとはグアムに最近行ってきたという事で思い出話。
…といいつつ一番先に出てきたのが「タイ料理」というどうしようもなさ。
ようやく「たべものがおっきい」とか「けしきがいい」とか出てきてたようですが。
小林さんは黒い砂浜しか見たことないらしいので白い砂浜にびっくりしたらしいです。
こちらとしては黒い砂浜なんてものがあるならぜひ見てみたいのですが。
何か客席が微妙な空気になった瞬間「笑ってください、てきとーに!」と言い切る小林さん。
さっきからあなためちゃめちゃな要求してますよ?

最近は「天使のおしり」をキャッチフレーズにしている小林さん。
どうやら撮影で後ろからのショットを褒められたとのことですが。
それって顔いらないじゃね?という突っ込みに「いりますよ!」と反論。
そうですよ!あの小林さんの顔にあのお尻がくっついてるからいいんですよ!←若干セクハラ

ここから質問タイムスタート。

「生ハムのおいしい食べ方は?」
小林さんいわく「あっためたりしないほうがいいです」とのこと。
小林家では生ハムは誕生日のときにしか食べられなかったらしく、
あまっている生ハムをパンに乗せて電子レンジにかけたら微妙になったらしい。
この発言に対する細かい突っ込みは放棄します。
安い生ハムのほうが小林さん的に好みらしいのでぜひ。

「選抜に入るためにしていることは?(ここあいまい)」
可愛さを研究しているとのことで、以前はえれぴょん(小野さん)を見ていたらしいのですが、
自分の参考にするには違うな、ということになり秋元さんなどいろんな人のいいところを
盗めるように観察しているらしいです。
秋元さんはかわいいというよりキレイ、ということらしいですが。

「今度グラビアやるならどこでやりたい?」
北海道がいいらしいです。寒いといわれて心折れかけてるようですが。
とりあえず北海道で寒さを感じさせない黄色とかの元気グラビアがいいようです。

「河西ともーみさんについてどう思いますか?」
「関係ない質問来ましたね」とばっさりの小林さん。
葛西さんはおねえちゃんのようだそうです。もんじゃ焼いてもらったり道案内してもらったり…
司会の人も言っていたような気がしますがそれは介護レベルだと思います。
「最後、深く関係する質問をお願いします」との言葉にバカウケでした(笑)

「今の気持ちを575でおねがいします」
特技は川柳の小林さん。絶対思いつきで言ってるだろ…
その場で書きながらちょっとづつ修正し、完成したのは…
「これからも たくさんの人に ハッピーを」
意外とちゃんと締まった!!!!!!!!!!!!!!(笑×3)

撮影会と握手/ポラ会は私服でした、ちなみに。
そりゃファッション大好きな小林さん、猛烈に可愛かったですよ!

またこんな幸せなイベントがありますように。
スポンサーサイト

2009.06.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索