ハロプロvsAKB48 このエントリーを含むはてなブックマーク

いや、わざとこういうタイトルにしているので敵とかは思ってません。
先日発売された「10年桜」でいつもどおり大規模な握手会を行い、
CDを1枚買えば好きなメンバーと必ず握手ができることもあってか、
売り上げがすこぶるよいようです。
かと思えば明日発売の真野さんデビューシングルでは、
イベントの一部にしゅごキャラエッグ!の4人が帯同し、
なおかつ初回版を買うと抽選で4月からのハロプロほぼフルメンバーのイベントに
参加できるなんて発表があり、売り上げが気になるところです。

ま、最後の感想は嘘なんですけど。

アイドルのファンという世界に漬かりすぎてもうわかんなくなってるんですけど、
今一般の人ってCDの売り上げって気にしてるんですか?
そら嵐が50万枚売り上げたとかなら気にするかもしれませんが。
でもなぁ、どんな曲が有名かってなったらやっぱ売り上げと音楽番組で決まる気もします。
なんにしろ売り上げて音楽番組も出て知名度あがってファン増えるんならそれでいいと思います。

でも正直に言うとそれって二の次で、黒字ならいいです(笑)
何が一番いやって、彼女たちがやめちゃうのが一番いやだ。
そりゃ赤字覚悟でプロモーションして売れるならいいですけど、
外して縮小してくなら…と考えてしまうのは保守的過ぎるでしょうか。
それとも一部にしか知られていないアイドルを見慣れちゃったかな?

ただ、黒字にすると同時に彼女たちのモチベーションを下げないことにも気を遣ってほしいです。
モチベーションをあげることと人気を上げることとほぼイコールだろ、って突っ込みもあるかと思いますが。
このあたりのバランスをとるのが難しいのかなぁなんて他人事のように考えるわけです。
最初に書いたような販売方法に対してもし引っかかる部分があるとすれば、
このバランスがどちらかに傾いてるからなのではないか?と思うのです。
ファンが思うときは大概前者に傾きがちだと思うのですけど(笑)

ロッタラロッタラロッタラ!(話題転換のブリッジ)

おいらはハロプロは今はしゅごキャラエッグ!しか買ってません。
みんなのたまごを8枚買ってイベントに当たらなかったので、
それ以来ハロプロの抽選イベントはほぼあきらめてます。
AKB48は10年桜は買いました。
理由は推しと必ず握手できるからです。
コストパフォーマンスを考慮した結果です。
コストパフォーマンスを考えるならもっとナイスガールプロジェクトだとか
それこそアイドリング!!!だとかいろいろ選択肢があると思うんですけど、
今現在「推し」と呼べるレベルで好きなメンバーはそちらにはいないので、
「推し」のいるグループ内で一番効率的なのがAKB48なんです。

これから先、他のアイドルに推しができて効率がよりいいのであれば
お金かける先はすぐ変えちゃいます。
あくまで娯楽の一環なんですから、そこまで義理を感じる必要もないと思いますし。

さて、これからどうなることやら。

スポンサーサイト

2009.03.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索