レコメンを控えて。 このエントリーを含むはてなブックマーク

今までレコメンを聞いていないことを大変後悔している。
というのも、来週はどうやらちなゆり(徳永・熊井)で出演するらしいのだが、
熊井のキャラクターがわからないのだ。
千奈美と仲がいいということはわかるのだが、千奈美への対応がわからないのだ。
千奈美がギャグを言ったとき熊井はどうするのか。
千奈美がぐだぐだな進行をしたときに熊井はどうするのか。
千奈美が絶対に賛同を得られないであろう論を述べたとき、熊井はどうするのか。

熊井は突込みができないで欲しい。いや、中途半端な突込みをするぐらいなら。
熊井には賛同してもらいたい。乗っかってもらいたい。
が、その熊井の意見はちょっと違うといって千奈美は一般人には違いがさっぱりわからない違いを述べて欲しい。
要するに熊井を困らせて欲しい。
これはAKB48の影響が少なからずあると思われる。
千奈美が場の進行や空気を読めなかったときにフォローしないで欲しいのだ。
そりゃフォローできたほうがアイドルというかタレントとしてのスキルは高い。
けど、おいらの視点は観察者。
観察してるのだから、うまくできているものを見てもしょうがない。
それは自分が客のスタンスならできたほうがいいし向こうもそこを目指すべきだと思う。
ただ、観察者としては虫が隣の葉っぱにすぐ移れるより数回失敗してるほうが面白い。
おいらは徳永千奈美の生態に興味深々なのだ。
生態を調べるには、成功するより失敗したほうが生態を把握しやすい。

だからおいらにとっては、一般的な失敗こそが成功なんです。
たとえば石村舞波がラジオの競技中、「静かにしてください」とまじめに言ったことがあった。
あれに笑いの声が聞こえたというのは観察者の視点なのだと思うんです。
あそこであんなにまじめに言うことはない。突っ込むように
「ちょっとあそこの人うるさいんですけどー!」などというのが
流れを汲んだ回答のひとつだと思う。
(確かにずっと実況してた、がそれはラジオだからだと思う。)
あのまじめなトーンは、場の空気を悪くさせる可能性さえあったと思う。
しかしそれが笑いになっているというのは、その場の状況、
そして舞波という人間が面白いという視点なんだと思うんです。
それはおそらく彼女の意図していないところであり、
タレントとしては失点である部分である。
ただ、それは一歩引いて「彼女たちの力で楽しませてもらえる」という
視点を捨てて一歩引いたとき、面白くなると思うんです。

今回のラジオでは、そういった徳永千奈美の面白い人間性・生態を
より理解したいと考えているのです。
そういった意味で、千奈美をフォローしないほうが浮き彫りになるので
熊井さんには是非流していただきたいと思うのです。

本当にいまから楽しみにしています。

スポンサーサイト

2006.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索