ベリキュー!終了 このエントリーを含むはてなブックマーク

10/3深夜の放送でベリキュー!は最終回を迎えました。
なので個人的に振り返りつつ総括していこうかな、と。

まず、真野さんのオープニングから。
終わったので思い切り書きますが、あれ、何のためにやってたんですかね。
公開特訓だったんですかね、格言後の一言で落とせ、っていう。
タイトルコール前なので、いわゆる「つかみ」になってなきゃいけないと思うんですが、
真野さんは果たしてあれでつかめていたのでしょうか?
おいらの印象としてはつかめていなかったので「失敗」なんですけど。
ハロプロの最近の番組は「失敗」込みで楽しむ面がありますが、
あの失敗は楽しめないほうの失敗じゃないのかなぁ…と思いました。
真野さんの売り込みっていう目的ならもっと娘DOKYU!の「ナイショ」コーナーチックでも
いいような気がしますし、「真野さんってどんな子?」というのが
この番組を通してあまり伝わってこなかったのが残念です。

本編では今回テロップの使い方が非常に気に入っています。
バラエティの発言のテロップって「ここが面白いとこですよ」「注目箇所ですよ」
っていう提示だと思っているんですが、先ほどのハロプロの番組の楽しみ方を
なぞってくれているような気がして、一見さん(いるのかな?)にも
少しは見やすい番組の形式になっていたんじゃないかなぁと感じていました。
(もちろんポイントをちゃんと拾ってくれるMCの力も大きいです)

℃-ute圧勝という流れは、ある程度しかたがないかなぁというのはありますね。
あれは℃-uteができる子なんではなくて、Berryz工房ができなさすぎですから(笑)
その中で℃-uteも大変だと思いましたがもうちょっとがんばってほしかったかなぁと思います。
もうBerryz工房の皆さんは突っ込まざるを得ない状況なのはわかったと思うので、
何とか℃-uteの見せ場というか、注目ポイントをスタッフ共々作り上げてほしかった。
もちろんダメダメの振りとしての正解を見せることも大事だとは思いますが、
一個だけでもいいから「岡井犬」みたいなものがある程度ほしかったかも。

対決内容としては質に差はありますが結構いろいろな種類用意したと思います。
知力系が多かったですけどたまにゲーム対決だったり体力勝負だったり。
対決関係なくPVのメイキングやコンサートのリハーサルに歌ドキッ!。
いろんな面から彼女たちの素質を見せようとしている姿勢は伝わりました。
逆にあの短い時間でよくこれだけ詰め込めたと思います。
リアルタイムで見ていたときは微妙と思ったときもありましたが、
振り返ってみるとなかなか良かったかも、と思いました。
あとは対決関係ないロケとかあるともっと良かったかもしれないですね。
(DVDマガジンと若干かぶりそうですが)

罰ゲームに関しては、前回があまりに弱すぎたんで、今回は前回よりは満足です。
まさかの熊井さん号泣など、思わぬ見所もありましたしね。
ただ、おいらは℃-uteが本気で弱ってる姿ってあまり見たことがないので、
(℃-uteのコンサートいかないですし商品も買わないですし)
正直罰ゲーム見たかった、というのもあります。
矢島さん泣いたりしたら結構面白そうなんだけどなぁ。

というわけで、短かったですが楽しかったです、ありがとうございました!
来週のよろセン!も楽しみにしたいと思います。
モー娘。とベリキューがどう絡むのか、もしくは絡まないのか(笑)

スポンサーサイト

2008.10.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索