2008/08/24シンデレラtheミュージカル昼の部 このエントリーを含むはてなブックマーク

(遅くなったのに今回最後のほうが駆け足な感じですみません)

初めてのミュージカル&初めてのコマ劇場に行ってまいりました。
今までミュージカルに行かなかったのは、「演技の途中で歌うって変だろ」
という先入観がぬぐえなかったからです。
以前「モーニング・タウン」のメイキング的な番組が流れたことがありましたが、
あれを見ていて「普通に演技すればいいのに」と思ったのです。
わざわざ歌をいれる必要がどこにあるんだろう、と。

見た感想としては、歌が入ることに関しては思ったほど違和感はなかったです。
ただ、普通に演技したほうがいいんじゃないかなぁとは思いました。
ミュージカルの曲は歌全体でイメージを感じ取れればいいとは思うのですが、
途中なんて歌っているのかわからない箇所がありまして。
せりふで聞き取れなかったのは亀井さんと田中さんの喧嘩シーンだけで、
あれは別に物語全体を捉える上では重要ではないでしょうから。
(喧嘩シーンは一種の「笑いどころ」と読み取りました)

物語としては、よく知っているシンデレラの話と大方一緒ですね。
ただ、シンデレラがあんなに妄想壁がひどい子だったっけ?とは思いました(笑)
虐められすぎておかしくなっちゃったのかなぁ、とか(笑)
新垣さんの王子が、女の子の心をつかみそうな様子でした。
これは、もしかしたら女子のほうが食いつきいいかもしれないなぁとおもいました。
宝塚とのコラボという面では、皆さんがんばって「宝塚化」していましたが、
久住さんの声と留学生の発音だけは「宝塚」の枠からはみ出していました(笑)

あと、最後のライブに関してなんですが、あれなんでやるんですかね?
確かにモー娘。版シンデレラコンプレックスはちょっとうれしかったですけど。
本編と関係ないなぁという印象を多く受けました。
(宝塚の方もやっていたのでミュージカルとはそういうものなのでしょうか?)
個人的には舞台とかミュージカルはその世界観にしばらく浸ってたいというか、
世界観を持ち帰りたいと思ってるんですよ。
映画とかで感動的な話を見た後、すぐにゲーセンで騒ぐ人もいると思うんですけど、
おいらはしばらく友達とその映画の話なんかをして、味わいたいんです。
そのあたりが個人的に惜しかったですね。

生演奏初めて見ました。休憩時間は結構自由に弾いていたりして楽しそうでした。
古きよきな空気を感じました。

最後に、ジュンジュンの見所は…物語中はお尻のライン、歌の時には揺れる胸元でした…

スポンサーサイト

2008.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索