合同コンサートのドエームMC このエントリーを含むはてなブックマーク

MC至上主義のおいらが横浜夜公演しか見れていないのは
悔やまれることこの上ないのですが、
書き起こしのサイトさんなどを見ながら想像して
書いてみたいと思うので、その点をご了承ください。

流れをわかっている範囲で書いてみますね。
アンコールで、タイトルにひっかけて、寸劇がありまして。
ヒット曲を吸い尽くす悪者ドエームが会場を支配した、と。
それをBerryz仮面とキューティーレンジャーがそれぞれ持ち歌で挑むも
吸い尽くした後なので音が出ず、攻撃できない。
そこで我らBerryz仮面(キューティーレンジャーもVer.)を歌うことで
やっつける、という段取り。

で、そのときにまぁ多少ドエームとベリキューで会話するわけです。
横浜では会話は段取りの上で必要なお決まりせりふしか言わずに、
あまり評判がよくなかったようなのです。
それを知ってかしらずか、名古屋以降、ドエームがメンバーを
いじるというアドリブをやりだし、評価を上げた人が多い、ということです。

書き起こしはこちらを参考にさせていただきました。
特に印象に残った2点を。

・徳永さんと夏焼さんのやり取りについて。
徳永さんに対しては「新幹線でするめいかばっか食べてる」との指摘。
そこで「夏焼雅とたべてた」と夏焼さんを道連れにする作戦。
そこで思いのほか夏焼さんが「なんでだよー!!」と大きめのリアクションを
とり、すかさず「オレンジどうしたの?夏焼雅?」と返す反射神経。
徳永さんは出来る子です。
前日の夏焼さんいじりのリアクションを見て動物的勘が働いたのかも。
おいらの中で夏焼さんはBerryz工房のリアクション女王に認定。

・熊井さんと岡井さんのやりとりについて。
メディアなどをそこまで追いかけていないのでわからないのですが、
客前で熊井さんと岡井さんに「空気が読めない」の烙印を押したのは
初めてなのではないでしょうか?
むしろ徳永さんのほうが寸劇で「空気の読めない役」をやるケースが
多いのではないか?という気がします。
徳永さんが空気読める、とは言わないですが(笑)、
トークする上で徳永さん以上に困る種類の「空気読めなさ」を
二人は持ち合わせていると思っています。
そこがかわいさや魅力につながるケースもありますけれど。
ありがとう。これからは自信をもって2人を「空気が読めない」と
評することが出来ます(笑)

DVDにこのMC入るなら買うか悩むなぁ。はいらなそうだけど。

スポンサーサイト

2008.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索