事務所とファンの関係 このエントリーを含むはてなブックマーク

ここのところ、一部の地域でAKB48の新曲の販売方法が議論を呼んでいるようで。

今回は、もちろん事務所の売り方が悪いということは大前提のうえで、
違う面からお話をさせていただきたいと思います。

まず、このグループ(事務所)の方針として、
「ファンと一緒につくっていく」というものがあります。
といっても、現状、共同戦線というより、「事務所がファンに教わっている」
状態が長く続いていると思っています。
もちろん事務所は事務所なりに考えます。で、やってみます。
そこからファンの反応があり、それによって事務所がまた考える。
先生と生徒のような関係です。

ただ、通常の先生と生徒の関係とは違うのは、
生徒のことをあまり考えない「エセ先生」がいることなんですね。
(実際もあまり変わらない場合もあるかもしれませんが…)
エセ先生は自分に都合がいいので生徒の行動をいちいちほめます。
もちろんちゃんとした先生は注意したりすることもあるのですが、
ほめてなおかつお金ももらえるので生徒はどんどん間違った方向に進みます。

で、おきた結果が今回の騒動だと思うのです。

これを書いている途中、中止の記事が載りました。
さすがに先生だけでなく警察(世間の目)も注意を始めたようです。

生徒ではありますが、最終的な責任は生徒が取るのです。
「ちゃんとした先生」の見極めはできないといけないということですね…

ま、個人的な意見としては、このときからすべてが始まっていたような気がしますけどね。

スポンサーサイト

2008.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索