チームA「誰かのために」公演 このエントリーを含むはてなブックマーク

以前にこの公演を見る気が起きないといった感じの更新をしたのですが<こちら>、少しばかり補足をさせていただきます。

もちろんこれはチームAよりチームKだな、ということをいっているのではありません。
そういうことを個人的には思っていたりしますが。
今回の公演についてそう思ったのです。

しかし、初回からずいぶん変わったという知り合いの声を聞き、今回ひとまずカフェから見てみようということになりました。
そうしたら、そんなに言うほどだめでもなかったです。いつの間にか過小評価していたようです、見てもいなかったのに。
Birdの高橋さんの腹式ぶりはすごかったし、投げキッスの間奏とか少し好きかもしれない。
おいらが見ても、それなりに楽しめるのではないかと思います。

けど、やはり今までと違う点はありました。それは、「これや!」と思う曲がないということです。
おいらは曲でほぼすべての評価を下します。パフォーマンスとかあまり対象にしません。
おいらが今まで見たことのある公演は、
A:会いたかった、誰かのために
K:Partyが始まるよ、青春ガールズ
なのですが、他の三つにはそれぞれ、
会いたかった:涙の湘南
Partyが始まるよ:スカート、ひらり
青春ガールズ:Virgin Love
という、「これや!」曲があるんです。
しかし、「誰かのために」公演ではこのような曲は見つかりませんでした。

※これはあくまで個人的な主観によるものであることを念頭においていただき。

じゃぁおいらにとってこの「これや!」曲はどうやって決まるのか。
これはとても抽象的な言い方ですが、「CDに収録して欲しい曲」です。
要するにもう一回聴きたいと思う曲です。
この曲面白いなと思う曲はそれなりに存在します。
ただ、MP3プレイヤーに入れて聞きたいと思った曲はありませんでした…

だから、4thの公演に「これや!」曲が入り、チームKの3rdになければ、チームAの公演のほうに多く入る可能性はきわめて高いです。
あくまで見るかの基準は曲ですので。
人の中で見てて面白いのは香菜ちゃんですが、公演を見るなら曲が基準ですね。
こういう考えって少数派なんですかね…?

スポンサーサイト

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索