2012/06/25指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~ このエントリーを含むはてなブックマーク

本日も当サイトをご覧いただき誠に有り難うございます。
今回は先週行われたゆび祭りの感想でございます。

一言で言うなら女性アイドル界の爆笑レッドカーペット。
これを見て、出演者のアイドルに一目見てがっつり心を奪われた、というタイプのイベントじゃないです。
なんとなく良さの片鱗みたいなものを感じたらめっけもん。
このイベントに求めるものを間違っちゃうと評価が低くなっちゃうのではないかと思います。
冒頭で「持ち時間10分」「くじ引きで出演順決定」を謳っておりましたので、
そこでちゃんと方向転換できてれば問題ないと思いますが。

まずは指原さんが例のゴタゴタを謝罪。野次みたいのはほとんど飛んでなかったと思います。
それから司会のイジリー岡田さん登場で高速ベロ披露にちょっと沸く。
出演者がプラカードを持って登場し、くじ引きの結果の出演順をその場で知らされます。
くじを引いたのは各グループのスタッフなのですが、おいらはスタッフが出てくるのあんまり好きじゃない。
まぁそんなにでしゃばってるわけじゃないから今回はいいですけど。

ここからは出演順に。

私立恵比寿中学。
仮契約のインパクトあるいでたちはトップバッターなりの爪痕は残したんじゃないかなと思います。
1曲のみで、放課後下駄箱ロケンローに絞ったのは賢明でしょう。
多分今回でヲタを増やすと言うよりは存在アピールが最優先だったろうし。
正直このメンツだと格がちょっと劣ってしまう、という面は否定出来ないですし。
あとはたぶんももクロとあわせてスターダストで20分という考えだったんだろうと思います。
あのいでたちだと顔とか全然わからなかったけど、ぁぃぁぃの声も披露できたし、
武道館に立ててよかったね、と温かい気持ちで。

乃木坂46。
イメージ的にそこまでがっつり煽れないから大変だったと思いますが、シングル曲2つで、
多分来た人ほぼ全員サビは聴いたことある、ってなったでしょう。
MCが弱いのはそうだろうなという気持ちとちょっと驚きの気持ちと半分半分。
バナナマンとレギュラー番組があるので、もうちょっと鍛えられてるかと思ってました。
まぁ、まだ勉強中なんでしょう。
今の時代じゃなければ、トークとか無視して歌で、みたいなこともあったのかもしれないですが、
ちょっと今はトークできないと厳しいですよねー。

ぱすぽ☆。
マテリアルガールはポップンアイドルでもやってたし、対バンライブの定番みたいね。
でもあれは実際は何とかできちゃうけど、説明が長くて、
「おいおいそこまでは出来ねえよ」みたいな感じを受けちゃうのだけが残念。
あと、冒頭のMCでかたっぽマイクが入ってなかったのはかわいそうでした。
ただこういうイベントになるとマイクの切り替えとかも大変だと思いますし同情はします。
衣装はポップンアイドルと同じに見えました。まぁわざわざ別のを用意する必要もないと思いますし。

渡り廊下走り隊7。
ある意味一番印象薄いかもしれないです。MCは浦野の年齢いじりと小森のかみ合わないトークという、
持ち味を短い時間で最大限に出したと言っても過言ではないと思うのですが。
希望山脈見れたのは純粋に高まりました。
渡辺はアイドルとしてかなりわかりやすい形なんだな、と再確認した次第です。
なかがわっちょにチューしたい。

ももいろクローバーZ。
声援は一番ありました。さすが今一番乗りに乗っていると言われているももクロ。
曲はZ女戦争と怪盗少女。やっぱ新曲弱いですよねー、特に怪盗少女と比べちゃうと。
インパクトは高城さんのイジリー岡田に対するギルガメッシュコール。
見れて嬉しいという人は多いだろうけど、今で言う「ゆび祭り新規」はできないような気がしました。
ももクロを10分程度っていうのはやっぱり物足りないって思っちゃいますねー。
ま、今度の西武ドームも行く予定ですし、おいらは一向にかまわないのですが。
 
東京女子流。
通常営業に見えて結構全力で煽ったりしてました。多分12月の武道館単独に向けて感覚を掴みたかったのでは。
一番自然にカッコいいと可愛いを両立できるグループだな、と。avexのクオリティを感じました。
まぁ2ヶ月の活動休止の合間にこうやって出てくるのはどうなんだろうというのは正直ありますが。
カバーひとつくらい入れてくるかな?と思いましたが、今の女子流は別にカバーに頼る必要無いですしね。
 
SUPER☆GiRLS。
正式名称調べたけどiが小文字で間に星が入るとか、わかりにくいったらありゃしない!
とっつきやすいけどヲタの出入りが激しそうな感じがしますね。入りやすいけど出やすい。
奥深さみたいなものは感じられないのが長所で短所だと思います。
あれくらいの露出の衣装ならいっそ水着で踊っちゃえばいいと思います、PVでも水着ですし。
アルバムも聴いたけどほんとに印象残らないんですよね。2枚とも借りてみたんですが。逆にすごい。

Buono!。
歌声的には一番武道館に映えると思うのは多分ハロヲタ贔屓です。
ロックの神様をやらなかったのは事務所もそこまでバカじゃなかったという解釈をしました。
ももちキャラは対外なら必須だと思います。Buono!という括りだからって関係ないです。
思ったより客席もリアクション困ってなかったように見えました。いや困ってない訳じゃなかったですが。
出る意味はあると思いますが、Buono!ヲタが求めてるようなものは見れないと思うので
熱心なファンのかたはこういうイベントをあえて見に行く必要はないと思います。

アイドリング!!!。
ほんと出す曲がどんどん凡曲になってくのは個人的な好みだけでは説明できないんですよ。
もちろん番組がつまらなくなってきて思い入れが下がってきてる面も多分にあるのですが。
まぁ彼女達も印象づけるのはMCと思ってるのではないでしょうか。
そういう戦い方もあるってことで、それ自体は別に悪いこととは思わないです。
ただ菊地さんに頼り過ぎです。いやむしろ今菊地さんを頼らないでいつ頼る、と考えるべきなのか。

指原莉乃。
個人的な思い込みで曲中のコールはさっしーだと思ってました。
まさかりのちゃんなんて呼んでるとは。彼女をりのちゃんと呼ぶ事には抵抗があります。背筋が寒くなりました。
予想より声援ありましたが、そら主催者だから当然か、という。特に下の方はCD買ってる人ですからね。
とはいえ、結構通常営業であんまり反省してる感じは伝わりませんでした。
ってTwitterに書いたら翌日にまさかの火曜曲でのあの扱いに驚きました。
持ち曲が殆ど無いからやりきったはやりきったでしょう。

で最後は全員でヘビーローテーション。夏焼さんが結構カメラで抜かれておりました。
個人的にはこれだけでこの日行った甲斐があるな、と思いました。

終わってみれば、他のアイドルを「知る」には素晴らしく適したイベントでした。
他のアイドルを「好きになる」にはちょっと時間が足りないですが。
第2回があるのかはどうなんでしょうね、これだけのメンツを集めるのは結構大変でしょう。
入場料はタダみたいなもんですし、そう何回もやるかと考えると。
NHKBSプレミアムで放送があるようですが90分ってことはMCを除いてもまだ削らなきゃという感じです。
ちなみに放送は7月14日(土)夜0:15-1:45「音楽熱帯夜」内で放送予定。

で、このイベントのうち指原さんがプロデュースしたのは何%なんですかね?

2012.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索