【ボツネタ】We are SMAP!から考える。 このエントリーを含むはてなブックマーク

9月は更新が少なかったので、一つ未公開のボツネタを公開したいと思います。
時期もだいぶ過ぎているのですが、ご了承いただければと思います。

-----

えぇ、この題名でなんでカテゴリがハロプロなのかってことですよね、わかります。
それは、ここではアルバムの感想自体をほとんど取り上げないからです(笑)
あ、でも検索とかで間違ってきてしまった方のために短く感想書いておきます。

ポジティブダンスはもっといかれてくれるのかなーと思ったら意外とすんなりまとまっていて期待はずれでした。
香取さんソロは頑張ってるのは伝わるし、曲自体は悪く無いと思うだけに、
なんで香取さんが歌っちゃったんだろう、という感は否めない出来栄えでした。

はい、終了です(笑)
ここからは完全にずれた内容に入りますのでご注意ください。

SMAPのアルバムでは、Discをわけて、5人それぞれのソロの歌を収録するのが定例になっています。
その中で、草なぎさんは今回「帰って来たヨッパライ」のカバーをしています。
しかも、ゲストに笑福亭鶴瓶さんの声をいれています。
完全に「わかってて」やってるわけです。
その自虐の精神に感動して、ずっとこの曲ばっかり聴いているわけなんですけど。

ハロプロには、なかなかこういう自虐のネタって出来ないんですよねぇ…
なんというか、基本が「臭いものには蓋をしろ」な空気がたっぷり感じられるんですよねぇ…。
事務所が基本的にそうなので、多分メンバー側でも、必要以上に規制してしまってる面はあるんだと思います。
5期メンバーのイベントでも、「それ言っちゃダメだと思う」だとか、
「これあとで怒られるな」といった言葉が見受けられ、結構細かく怒られてるんだろうなぁと感じました。

ただ、ひとこと「事務所もメンバーももっとオープンになれよ」と言えないのは、
やっぱり、どうしても民度の低い、ファンと言えるのかすら怪しい人たちが現実にいるからです。
岡井ちゃん、寝るの第2シーズンは実現すること無く終わってしまいました。
おいらはその引き金になった具体的な理由は知らないのですが、ヒントとなるような記事が
こちらにありますので、ご参考までに。
事務所側の「善意」が、あだとなって返ってくることがゼロではないのです。
とても残念なことです。
事務所として、そういった「仇の声」を無視することもまた大事な能力だと思うのですが、
事務所にスルー力が不足しているからか、「善意」をあえて封じているように見えます。
それもまたとても残念なことです。

…これ以降、どう締めるか全く思い浮かばなかったのでボツネタにしたのでした。

2010.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索