2014/12/06めちゃ2イケてるッ!SP衆議院より一足お先に解散総選挙スペシャル このエントリーを含むはてなブックマーク

おいらのTLでは高評価の人が多くて結構びっくりしたとともに、
自分が気を抜くとアンチAKBみたいな視点で見ているかもしれないなと反省しました。

なんというか、いろいろな制限事項をくぐり抜けてなおかつなんとか面白いものをつくろうという
もはや難解なパズルのようなお題にチャレンジした結果だと思いました。
あれ以上のものを作るのはもう無理なのかもしれないな、という印象でした。

まず最初に思ったのは、最後のオチが椅子転倒で発泡スチロール的な中にドボンということへの違和感。
もちろんその後にメンバー出てきてネタばらし、はあるんですけど、
いままで散々リアクションをモニターして面白がった挙句、最後は顔が殆ど見えない仕掛けって
どういうことなんだろうっていうのが純粋に気になりました。
そしてこれめちゃイケメンバー全員はいらなかったな、っていうのもありますね。
まぁ下手に使える人だけ集めちゃうと残りのメンバーいらないじゃんっていう思考に至りそうだし。

あと、これはテレビの楽しみ方としてどうかなと自分でも思うんですが、
めちゃイケのスペシャルで114分の放送だったんですけど、今録画のCMをカットしたら97分でした。
最近のテレビ番組は本当にCMが減ったなっていうのはすごく思っていて、
その中でこの数字は結構奮闘しているんじゃないでしょうか。

ここからはかなり偏見の入った意見を書くので話半分に読んでもらえると有りい難いのですが、
今回のSPがAKBだったのって、もしかしてこないだめちゃイケとめちゃユルにモー娘。'14が出たからかな?
AKBは2013年の27時間テレビで爆烈お父さんがNGというか、やめようねってなっていたところを
めちゃユルというネット配信とはいえモー娘。'14にやられて地上波でもちょっとその様子が流れましたし。
それを面白く無いと思ったAKBサイドが持ちかけた、っていうストーリーを考えたところで
「ハロヲタ脳乙」って自分に思いました…完全に毒されてるわ。

悪化しないように今年中にHKTのシングルをレンタルして生意気リップスの音源を入手したいです。

2014.12.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

2014/06/07AKB48 37thシングル 選抜総選挙 このエントリーを含むはてなブックマーク

リアルタイムで何をしていたかというと、味の素スタジアムにいるわけでもなく、
テレビやネットの前で速報を待っていたわけでもなく、℃-uteのコンサートに行ってました!
だから本当は℃-uteのコンサートの感想から書きたいんですが、
ほら、こういうのって当日にかいた方がアクセスとか多いんじゃないかなって(最低)

といっても、今のAKB界の様子が全然わかってないので本当に外野からの意見です。
でも、こうやってフジテレビで流してるぐらいなんだから外野からしゃべる権利はあるでしょ!

個人的には、松井珠理奈はTOP3に入ると思っていたので、そこまでの力はないか、と。
SKEとしてみれば結構メンバーも入ったし成長はしていた(SKEの人気は上がってる)と思いますが、
その中のトップがやっぱり相当な上位に食い込むとトピックスとして目立ちやすいんですよね。
それなりのファンにはSKEの底力のアップは実感出来てると思いますが、
ライト層や一般の方にまでは届いてなかった気がしました。

NMBに関しては、さや姉は順当でしょう。前回が結構ぎりぎりの選抜メンバー。
となれば今回は神7入りが現実的な目標だと思うし、クリア出来てるなと。
みるきーの順位を見ると、NMBはSKEと違ってさや姉一点賭けに近いなと。
SKEはむしろバラけた結果だと思っているので。

HKTは正直まだメンバーよく知らないからコメントしにくいですが、
指原さん以外が選抜メンバーに入ったんでちゃんとファンには浸透しているんだなと。
HKTはNMBよりもさらにこちらのメディアで見れる機会が少ないので
おいらから見てある程度の票の保証が見えなかったんですね。
これからは移籍でない、純粋なHKTから神7に入るくらいの飛躍を見せる子が
現れてくれるといいなと思います。

ここからはTOP3について。
柏木さんは侮ってました、ごめんなさい。ナレーションで気づいたんですが、
そういやソロで横アリやってるんですよね、そりゃユニーク数は保証されてますよね。
とはいえ、柏木さんとしてはこの1年のポイントって横アリライブぐらいしかなさそうだし、
よっぽどそのライブの満足度が高かったのかなぁ、と推測しています。

指原さん、連覇ならず。本人も言ってましたが、おいらも連覇すると思ってました。
初の連覇が指原さんっていうのは結構自分の中でAKBっぽいんじゃないかなーと思って。
けどそうはならなかった!落ちるんなら3位以下になって欲しかったです。
そうするとその後の発表に一層興味を持てるじゃないですか?
想定通り指原と渡辺の一騎打ちね、で終わらない展開に出来たのでは。

渡辺さん、1位おめでとうございます!
渡辺さんが勝ち取ったというより指原さんが陥落したと見えるのは前回1位からか。
盤石の1位には見えなかったのでもし来年あるならまた読めない展開になりそうですね。

そんなところで、テレビも全然追えてなかったのでスピーチの内容とかに
全く触れられずにすみません…。でも、おいらはスピーチのハードル上げるのは
あんまりいい兆候じゃないというか。「みなさんのおかげです、ありがとうございました」
くらいの挨拶で終わると思ってたらあんな個人個人の持ち味のある挨拶になって、
面白かったわけですから下手に事前に考えてこられても困るわけで。
まぁ足を運んだファンとしては、14:30からイベント始まってるわけで、
疲労もたまってるんだからそれくらいいいスピーチしてもらわないとって感じなんですかね。
なんでライブと合わせちゃうんでしょうね。単発でやったほうがわかりやすいのに。

というわけで日付が変わる前に更新!

2014.06.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

AKB48 SHOW! このエントリーを含むはてなブックマーク

という番組が始まったのをご存知でしょうか?
AKBのファンの方ならほぼご存知だと思いますし、もしかしたら一部のハロプロファンも知っているかもしれません。
というのも、実は裏番組がハロプロ研修生の番組だからです。
放送は土曜日の夜11:30から、BSプレミアムにて10月より始まりました。

で、この番組が思ったよりもよかったので取り上げてみたわけです。
それにしては取り上げるの遅くないか?という意見もあるかと思いますが、1回目はいろいろと豪華な可能性あるし。
2回目まで見たところで判断しようとこういう算段でございます。
何がいいって、まずはちゃんと選抜メンバーが出ているところ。
AKBINGO!は最近の若手が出ていて個人的に誰が誰だかわからなくて見るのをやめちゃったし、
子兎道場は中堅どころが出ている感じ。これ書くために久々に見てみたらテリー伊藤の必要性を感じなかった。
この番組はちゃんと選抜メンバーが出ていてしかもスタジオライブをやってくれてるのがありがたい。
曲をガッツリ聴きこんでるわけじゃないんでわからないですけど、多分フルコーラスなんですよ。
冠番組でフルコーラスのスタジオライブをやる環境っていうのはすごく大事だと思ってるんです。
ラジオとかネットとかだと流しやすいんですけど、テレビの代わりにはならないんじゃないかと。
まぁ本当は地上波だとより良いんですけどBSでもテレビであることは間違いないですから。

番組の内容はスタジオライブ数曲、コント、AKB白熱教室など。
コントに関しては、クオリティが高いとはあまり言えないけど、見られないレベルではないかな。
見てないから宣伝の印象でしか語れないのが申し訳ないのですが、ひかりTVのコント番組よりは
「痛々しさ」はないです。それに、コントだけで勝負しているわけではないから気楽に見れますし。
AKB白熱教室は、パロディー要素を入れつつ内容はちゃんとAKB講座になっていて、
そういう見せ方についてはなるほどな、と素直に感心しました。

とかいいつつ、ハロプロ好きとしてはやっぱり研修生の方を見てもらいたいな、という気持ちもあり…
おいらはどうしているかというと、BSを2番組同時に追っかけるすべを持っていないので、
AKBの方を録画しておいて、研修生の番組は日曜の再放送で見ることにしています。
しょうがないじゃないですか、AKBの方の再放送はなくて、NHKオンデマンドで追うしかないんですもん。

BSなのがもったいないほど、多くの人にとって見て楽しみやすい番組になっていると思いますので
ぜひご覧いただければ幸いです。

2013.10.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

2013/06/08AKB48 32ndシングル 選抜総選挙 このエントリーを含むはてなブックマーク

今年は家のテレビの前にすらいれず、外出先でワンセグを途切れながら見ていたのですが。

総選挙って、どこまで信じて見るかっていう話があるじゃないですか。
単純にAKBファンによる総意という見方orお金を持ってる太いヲタがどれだけついたかという見方or
事務所や運営などの力が働いたという見方。
発表されたからのメンバーのリアクションは本当の彼女たちの姿or演じきった見せる用の嘘姿。
総選挙の結果はこれからのAKBを象徴するor総選挙の結果は単なる1シングルのメンバー決め。
なんとなく、このあたりが自分と合ってない人の意見は、「こういう意見もあるんだー」とは思いますが、
意見を読んだことで改めて自分の意見を考える、みたいなところにはいかないみたいです。
おいらは基本前者で考えている、ということを念頭に置いて読んでいただければ幸いです。

まず、ショーとしてここ最近のAKB総選挙では一番面白かったというのが感想です。
おいらはもうAKBをほとんど離れていて「熱心ではない在宅」みたいな形になっているので、
「ぶっちゃけここからAKB落ち目になろうが知らない」という残酷的でもある見方で見ました。
軽い層にとっては選抜メンバーの下の方に次世代の子が来ようとわりかしどうでもいい。
最低でも上位7位、その中でも上位3人の結果が大事なのであって。
熱心なファン以外が柏木さんの順位落ちたことに触れるかな?
この結果であれば月曜会社で会ったりした時に世間話的に「AKB、指原1位ですってね」ってなるんだろうなぁ。

初期の前田敦子とじゃんけん選抜を除けば、センターは「センターになる覚悟のある人」がなってたわけです。
多分そればかりじゃつまらないだろうってことで総選挙だったりもっといえばじゃんけん選抜なのでしょうが、
ざっくり言ってしまうとぱっとしないわけです。
じゃんけん選抜は年末年始の歌番組出演などでスポットが当たりにくいためインパクトが残らず、
選抜総選挙は3回目以降はそらそうなるわな、という感じで新鮮味に薄れた大会になっていました。
だから、
「指原一位になったら面白いんじゃね?」
「HKTに行ってからの指原の頑張りを認めた」
「センターに立つ覚悟のない子を1位にして応援したくなるようなグループにしたい」
といった思いが結合しての1位だったんじゃないかな、と思います。

地方組の躍進は、ファンから観れば語りどころのあるポイントだと思いますが、
一般層からしたら3位ぐらいまで上げてもらわないと印象に残らないですよ。
ただでさえ指原1位に加えて篠田麻里子卒業のトピックスがある中で、
神7にSKEのW松井が入ろうが、選抜にNMB2人が入ろうがスポーツ新聞の見出しにはならないわけで。
あ、地方版の新聞だと違うかもしれませんが。
NMBとHKTはまだまだ地元でファンを増やす余地はあると思いますが、もうSKEに関しては限界でしょう。
いかに中部地方以外のファンを増やすか、というゾーンに入っている印象なので、
全国の一般層にインパクトを残せる順位に入らないと、少なくともこのイベントではダメだったんじゃないかな。

あとは、名目上推しとして言っていた小林香菜さんに関しては。
と書こうと思ってなかなかキーボードの手が進まないので事実から書くと、圏外でした。
ぐぐたすでは「明日辺りにブログで書きます」なんて書いてましたが。
さていよいよどうすんねんってことですよね。同期の干されは続々卒業してってるわけで。
正直もうご苦労さんかな、っていう気持ちは強いですね。

とりあえずこんなとこですかね。篠田さんの卒業については特に語ることもないかな、と。

2013.06.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

2013/05/18めちゃ×2イケてるッ! このエントリーを含むはてなブックマーク

今回はAKB期末テスト未公開集でした。

企画が疲弊してることに気づいてるのかテスト自体での取れ高が少なかったのか、
今までのテスト企画の未公開のメインであった「ドッキリのリアクション」と
「未公開の爆笑回答」があっさりしていたような印象を受けました。
個人的にはテスト企画は2004年の27時間テレビでやった時点でほぼやり尽くしたかな、と思っているので。
もうあそこで「リアクション」と「爆笑回答」への耐性がついたというか、
ある程度やりきっちゃったなぁと思って当時見ていたのをよく覚えています。

だからその後のめちゃイケ側のいじり方であったりそこからの他メンバーとの絡みだったり、
特別講師…は毎度のパターンだけど、秋元康への訪問だったりでたりない部分を
足していったなっていうのがよく分かる放送でした。
バラエティ番組として絶対評価をすれば面白かったです。普通はそれでオールオッケーなのです。
ただおいらはそこで終わりたくないなって思うのでうだうだ書いていくのです。

写真に落書きの件は、板野さんのバラエティ勘の良さをちゃんと見せようとしたのでしょう。
スペシャルでのキンタロー。とのやり取りで炎上…的な話を受けて、だと思います。
めちゃイケのことだからカバンネタは絶対全員分用意してるはずなんです。
で、きっとネタ自体の面白さに大きな差があるようにはしてないです。
そこから使うかどうかはその後のメンバーのリアクションだったりやり取りで面白かったかどうか、のはずで
写真ネタの柏木さんと渡辺さんのやり取りだけでは切られるレベルだったと思います。
それを板野さんを巻き込んで笑いどころを作ったのは正直驚きました。
岡村さんがラジオで言ってた「能力が高い」というのはこのことか!と改めて思い知りました。

あと、個人的にとても心配していた山本さんが特別講師にいち早く乗っかったのは嬉しかったですね。
NMBの代表として笑いでは負けない!といった気負いもあったかと思いますが、
キャラクター認知の他メンバーとの差は正直あるわけで、いきなりボケに走っても困るだろうし、
テストの珍回答でいじられることも見込みが薄い。
指原さんは「めちゃイケがこの世の番組で一番難しい」と発言していましたが、
山本さんはそれ以上に爪痕を残せないシチュエーションに内心焦りまくりだったと思います。
現場でバイク川崎バイクさんの「ブンブン」が何回目の時に乗っかったのかはわかりませんが、
他メンバーがポカーンな中、あそこで乗っかれたのは小さいながら成果だと思いました。
今見返したら、バイク川崎バイクさんの登場時の全員ショットの時に山本さんだけさり気なく拍手してたので
そもそもネタを知ってた、と判断するのが妥当ですかね。
この番組での山本さんはNMB代表としての印象付けが大きな目的の一つでしょうから、
特別講師はスペシャルにはのらないことが多いとはいえちょっと残念。
ただ冷静に見返せば北原さんのほうがよっぽど印象薄かったな、とも思いました。肩入れし過ぎか。

主役である川栄さんに関しては、あの放送がすべて、というくらい他に語ることがないのですが。
ハステとワステは一度ちゃんと曲も聞いてDVDでもなんでもいいのでMVをちゃんと見たいです。
じゃんけん選抜(あるかわからないですが)の衣装は決まりですね。

いやー、久々に思い切り楽しんだ番組だったなーと思いました。

2013.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | AKB48

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索