FC2ブログ

第18回ハロプロ楽曲大賞'19投票内容 このエントリーを含むはてなブックマーク

楽曲部門

1位 人生、すなわちパンタ・レイ / アンジュルム
3.0 最初に聴いたときから割と好きだったんですが、
ライブで聴けば聴くほど好きになっていく。
極端に言えばこの曲入ってるだけでアルバムの価値あった。
ヒャダイン節とアンジュルムの融合。
2位 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? / Juice=Juice
2.5 みんな投票するだろうから悩んだんですが入れざるを得ない。
やっぱりオリジナルバージョンが好き。
代々木のパフォーマンスも良かったです。
人に勧めやすいグループになったなぁ。
3位 消せやしないキモチ / こぶしファクトリー
2.0 こぶしのアルバム全体的に良かったんですが、
ライブではおなじみのこの曲が一番好き。
こぶしはこーいう方向もちゃんと似合うと思うんだよな。
懊悩とかもいいけど、こっち方面をシングルに出来ないかな?
4位 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて / CHICA#TETSU
1.5 わかりやすいは正義。ギミックというかネタと可愛い雰囲気のバランスが絶妙。
高輪ゲートウェイも好きですが、だんだんネタがヒートアップしていく危険もあるので。
最初にしてベストなバランスかと。
5位 微炭酸 / Juice=Juice
1.0 いろんな意見あると思いますが宮本さん稲場さんツートップは最適解の一つ。
稲場さん加入からどの位置に置くんだろうと思ってたので嬉しい。
本当はMVの方でも入れたかったのですが次点になりました。

MV部門

1位 恋はアッチャアッチャ (公式アッチャアッチャ応援隊) / アンジュルム
3.0 バカだろう事務所。めちゃめちゃ褒めてます。
本当に応援する気があるのかよくわからないところも最高。
リソースをかなり割いてるのは事実。
2位 全然起き上がれないSUNDAY / アンジュルム
2.0 正直昭島で初めて見たときは暗い曲(by太田さん)だなぁと思いましたが、
MV見て良さに気づいた曲という意味でMV部門。
美しくメンバーが撮れててそれだけで素晴らしいんですけど、
ラストの室田さんにはゾクッとさせられた。ホラーじゃなくて。
3位 Go Waist / BEYOOOOONDS
1.0 これちゃんと権利者に許可とれてるのかね?ちゃんと説明できてる?
BEYOOOOONDSはMV面白くていいよなぁ。
やっぱり面白いって重要だと思うよ本当に。

推しメン部門

 室田瑞希
徐々に超大事なパートとか任されるようになってきたね。
もう上から2番目というのもあるのでさらに任されると思いますよ。
持ち前の真面目さが良い方向の成長につながりますように。

2019.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

BEYOOOOOND1St/BEYOOOOONDS このエントリーを含むはてなブックマーク

1. OOOOOVERTURE
おぉ、本当にいつものびよんびよんしてる出囃子じゃない!
ハロプロでこういうオープニング曲的なのがアルバムに入るの
近年ではなかなかなかったと思うんですけど。

2. アツイ!
ライブでのギミックがいろいろあって音源だとどうなんだろうと思ったけど
わりとライブ映像が聴きながら浮かぶ感じですね。
そういう意味では音源単体での評価はしにくいかもしれない。

3. ニッポンノD・N・A!
平井さんの使い方、これはこれで一つの正解なんだと思うんですけど、
平井さん本人の性格と合ってるのかなぁと心配になる気持ちはあります。
やっぱり長く続けていくにはある程度本人と合ってたほうがいいと思うので。
あとTKど真ん中世代としてはパロディは所詮パロディでしかないなと。

4. 高輪ゲートウェイ駅ができる頃には
CHICA#TETSUの可愛いけどネタも入れてる路線、嫌いじゃないです。
けど、あくまでグループ内ユニット曲って感じだからこそできるのかな。
CHICA#TETSUはユニット曲じゃないって言われそうですけど、
今は実質そうなってるわけで。

5. We Need a Name!
これ、ライブで見て「うわースタダっぽいコンセプトだなぁ」と。
ぜんぜん違うかもしれないけどももクロの「事務所に推され隊」を思い出した。
この曲を作ったってことはグループ名本当につけないのかなぁ。
それともグループ名つけてこの曲を封印するのかなぁ。

6. そこらのやつとは同じにされたくない
福田花音さんっぽいタイトルだなぁ。大森靖子さんになんとかしてもらった感。
福田さんを応援したい気持ちはすごくあるんですけどやっぱりCHICA#TETSUが好き。

7. きのこたけのこ大戦記
ヒャダイン全開だな。今までの提供曲ってどうしてもハロプロに寄せた感ありましたが
これは本当にヒャダインだなぁと思いますね。
タイアップもないのに、という意見もありましたがタイアップだったら
こんな自由にやれてないですよ。むしろタイアップじゃないからできる。

8. 小夜曲“眼鏡の男の子”
あぁ、こっちは別になんかセリフとか入るわけじゃないのね。
次のトラックと合わせてアルバムバージョンにしてもよかったのでは。
アルバムの小休止って感じの役割も果たしたいということならわかりますが。

9. 眼鏡の男の子
何度聴いても途中の寸劇が恥ずかしくて聴いていられないんだよなぁ。
これは多分おいらの性格的なものなのでどうしようもない。
まだ現時点では聴いてないけど文化祭も同じだと思う。

10. 恋のおスウィング
普通の曲かなぁと思ったらこれも眼鏡の男の子とつながってるのか!
どこまでこの設定持っていくつもりなんだろう。
あと2曲くらい作るつもりでいるのかもしれない。

11. 文化祭実行委員長の恋
まぁこの曲と合わせて同じ設定の別視点曲ってことなんだろうな。
いや、寸劇は百歩譲ってわかったけど「グランプリ~~~」って叫ぶのはどうなのか。
面白かったは面白かったけど。

12. 元年バンジージャンプ
曲としては好きなタイプのアレンジ。寸劇さえ入らなければなぁ…
どうしても寸劇が入ると心が離れていくというかなんというか。
ライブで見たら少しは見やすいと思うんだけど音源はなかなか難しい。

13. 恋愛奉行
この辺になってくると聴いてて疲れてくるな。体力がなさすぎる。
まぁいい言い方をすればスルッと聴ける曲。これだけ聴けばインパクトあるけど
このアルバムの後半に入れられちゃうとそういうもんね、ってなっちゃう。

14. GIRL ZONE
間奏の「あいあいあああああああああい!」みたいなのが好きなので、
それ以外の部分をもうちょっとかっこいいと思えたらいいんだけどなぁ。
メンツ的にはRFROのほうが好きなのに曲はCHICA#TETSUのほうが好き。

15. 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて
この曲初めて聴いたときに「ネタの入れ具合が絶妙だな」と思ったんですよね。
「都営大江戸線六本木駅」を抜けば普通に可愛らしい曲じゃないですか。
すごくわかりやすいし。これはハロプロ楽曲大賞も考えないといけないですね。

16. Go Waist
くっだらねーw恥ずかしながら腹部を意味する「ウエスト」のつづり初めて知った。
これどうやって許可取りしたんだろうか。意外とすんなり取れるのかな。
MVも結構面白かったですね。これはハロプロ楽曲大賞も考えないといけないですね。

17. 伸びしろ~Beyond the World~
エンディング感あるなー。とはいえ内容的には新人だから歌える歌な気が。
これから新メンバーとか入れていくのかはわかりませんが、
そういう新人さんが歌っていくような曲として残っていくのかな?

2019.12.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

2019/12/02 LIVE BEYOOOOOND1St このエントリーを含むはてなブックマーク

行ってきましたよ。

仕事の都合で遅刻した上に精神的に絶不調というタイミングでしたが、
行ってよかったと思えたライブになっていたと思います。
こんな内容ならちゃんと早退とか半休とっていいコンディションで
みたかったなと思いましたがさすがに複数回行くわけにも。
ぁまのじゃくなのでBEYOOOOONDSからは一定の距離を取るつもりでしたが
ちょっとそういうわけにもいかなくなってきたかなぁという感じ。

どういうライブか全く情報を入れたくない人はたぶん読まない方がいいかと。

最初の感想は、スタダのライブスタッフでも入れたのかな?でした。
スタダライブのエッセンス×アップフロントのエッセンスという感じ。
その感じの詳しい事は追記で書いていきますが。
アルバムは聴いて行った方がいいです。間違いないです。
アルバム聴いてなくて情報もあんまり入れてなかったから
シングル曲くらいしかわかってなかった…悔しい。

BEYOOOOONDSでは一岡さんと高瀬さんが好きかな、と思ってたんですけど
生で見てみると西田さんが意外といい。意外とって失礼だな。
あっさり顔なんだけどあーいうキャラクターをやるんだ、っていう感じ。

終わってから握手あるんですけど、握手会あったほうが嬉しい人も
いるとは思いますがたぶんそこまで必要じゃないと思いました。
Zeppで全員握手は全員18歳以上ならともかくちょっと厳しい。
自分は本当に最後の方だったのでライブ終了から1時間出れなかった。
そうなると「握手いいから早く出たい」ってなっちゃうんだよなぁ。
いろいろ事情があって今回は握手を待ちましたが正直記憶がないし
メンバーもしっかり握る、という感じでもなかったから。


【“2019/12/02 LIVE BEYOOOOOND1St”の続きを読む】

2019.12.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

第8回アイドル楽曲大賞2019投票内容 このエントリーを含むはてなブックマーク

メジャーアイドル楽曲部門

1位 やる気のない愛をThank you! / 吉本坂46 [RED]
2.0 今年Spotifyに1ヶ月だけ入ってその中で見つけた曲。
いろいろあって秋元さん系の曲は今年避けてたんですけど、
なんかの思いつきに聴いてみたらめっちゃSMAPやんけ!!!
もしかしたらシングルごとになんかしらのパロディ元みたいなのがあるのかもしれない。
「現在地」とかもかなりSMAPっぽいから。
2位 NAKED / predia
2.0 prediaは正直しっかり追ってるグループではないんですけど
TIFの配信とかを見ててちゃんとしたグループだなと思いまして。
新メンバー入れたりしていろいろ模索中なのかもしれないですが
もうちょっと人気出てもいいんじゃないかなと思いますね。
いつか単独ライブにも足を運んでみたいです。
3位 迷えば尊し / 新しい学校のリーダーズ
2.0 この曲は最初関内デビルのイベントで初めて聞きまして。
今のアイドル界ではすごくはっきりした色のあるグループで
正直のれるか不安なところもありました。
でもこの曲は好き!!!ってなれたし、この曲をきっかけに
グループも好きかもしれない、って思えるようになりました。
振り付けも癖になるのでぜひMVを見てほしい!
GYAO!にてフルサイズのが見れるはずなので。
4位 大丈夫 / 眉村ちあき
2.0 こういう言い方は本人嫌いかもしれないけど代表曲ですよね。
ここで投票するような人なら知ってる曲だと思いますし。
なので知らない人はYouTubeとかで聴いてみてください。
5位 メソ・ポタ・ミア / 眉村ちあき
2.0 眉村さんの曲の中で一番好きなんですよねこれが。
単純に頭を空っぽにして楽しめる曲。
ライブで掛け声入れるのもとても楽しいです。

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

1位 極LOVE浄土 / クマリデパート
2.0 フォロワーさんからおすすめされて聴いてハマった曲。
編曲ダンス☆マンとか好きにならないわけがない。
これは一度生で体感したいなぁ。
2位 トウキョウ・コンフュージョン / PINK CRES.
2.0 楽曲自体の評価とできているかちょっと怪しいけど。
MVでまずは見てほしいかもしれないです。
…誰ですか胸部とか見てるの!曲を聴いてください!
聴いてくれた人、さんきゅぅ!
3位 かいかのMUSIC / 開歌-かいか-
2.0 こないだのイベントで初めて開歌を見て気になった曲。
開歌の全体的な感じは現場を追っかけたいとはならなかったけど
この曲がなんだか頭に残って帰って検索をしてしまったわけで。
これからも、現場に行くかはわからないけど
音源はちょくちょくチェックしていこうかなと思っています。
4位 エレファンク庭 / エレファンク庭
2.0 東京歌謡曲ナイトでDJがかけていて即気になりました。
何この曲!調べたらジャニーズではおなじみzoppさんプロデュース!
ライブも生で見ましたが、なかなか良くて困ってます。
ワンマン興味あるけどさすがに12月はこれ以上支出増やせない…
5位 木綿のハンカチーフ / まちだガールズ・クワイア
2.0 今まで聞いたことのある曲の中で一番好きなんです、木綿のハンカチーフ。
心が弱ってたのかもしれないですけど、ウォークマンで
この曲を聴きながら歩いてて物理的に泣きそうになったことがあって。
やっぱりオリジナルが一番、という気持ちもあるけれど
これはこれでいいものだと思います。泣きそうになるわけだから。

アルバム部門

1位 『エクセルシオール』 / フィロソフィーのダンス
3.0 フィロのスは曲に外れがなくて、楽曲部門どうしようか悩んで
アルバムで紹介するのがいいんじゃないかと思いました。
1曲に絞って「これいいよ!」ってできないなと思って。
気軽に聴けるし流しといてとりあえず気分が悪くなることはない。
しっかり聴いてもよし。
2位 『LOLLIPOP SIXTEEN』 / SOLEIL
2.0 SOLEILさん活動休止はすごくさみしいですが、
こうしてアルバムをちゃんと出してくれてたありがたみ。
まぁこれが短期間で爆発的人気になる未来は想像できなかったけど、
残してくれた音源をちょくちょく聴き直しながら復活を待ちます。
3位 『MGC CLASSICS Vol.2』 / まちだガールズ・クワイア
1.0 カバーアルバムではあるんですけどまちガの色が出てる。
まぁぷらむ○ガーデンのカバーが入ってる思い入れ含みですが。
ただのご当地アイドルという枠で捉えてる方にこそ聴いてほしい。

推し箱部門

フィロソフィーのダンス
今更フィロのスに対してなにか書けることがあるのだろうか。
これからも付いていきます、としか書けないではないですか。
もっと売れてほしい。もっと人気が出てほしい。
ホールのコンサートができるようになりますように。

2019.12.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

2019/11/17WAY WAVE 定期公演 「うぇいうぇい部 第23回部員集会」 このエントリーを含むはてなブックマーク

いやこれが楽しかったのなんの。

出演:WAY WAVE
ゲスト:エレファンク庭、DJありんこ
この3つで楽しくならないわけがないんだな。
会場がペットボトルの飲み物なしということでお酒を入れたのもあって
体揺らしたわぁ。踊ったというのはちょっと恥ずかしいからね。
まさにおどれないけどおどりたいの。

WAY WAVEは東京歌謡曲ナイト、そしてこないだのほわどるとの
ツーマン以来、3度目ですが相変わらず楽しい。
12月に発売するアルバムも今からめっちゃ楽しみなのです。
そして、DJありんこさんのDJが本当に好みズバズバ入って。
愛はヌードとかちゃんとした音量で聞いたの初めてじゃないか?
Ya-Ya-yahのコンサートで鮎川さんが歌ってなければないと思います。
TOKIOのコンサートは行ったことがないので。

名前はこれも東京歌謡曲ナイトで知ったエレファンク庭。
調べたら曲も好きそうだしプロデュースがzoppさん!!!
ジャニーズ好きとしてはお世話になりっぱなしですよ。
Wikipedia調べたら特に山P関連が多いのかな。

こちらはシングルをWEB通販か会場でしか買えないシステムなので、
はやいところアルバムを出してもらって存分に聴きたいです。
今日は5人で出演していました。正式な人数はよくわからないけど。

なんかうだうだ書くくらいならこの2曲を再生して聴いてもらったほうが
よっぽどいい気がしてきたんですけどどうすればいいですか?
もうそうしましょう。なので今日の更新がこれで終わるのですが
ぜひYouTube再生してみてください。

2019.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索