2017/10/07Do The Strand VOL.4 このエントリーを含むはてなブックマーク

今回は短めです。さくっと読めると思います。


フィロソフィーのダンス、通称フィロのスの単独ライブ。
ここしか読んでない方になんでこういう事態になったかといいますと、
アイルネの現場に行くようになって、ちょっとしたきっかけで
フィロのス定期公演にアイルネがゲストとして出るということで
行ったところフィロのスにガツンとやられて帰ってきたと。
まぁいわゆる楽曲派的な方々が喜んでる旨は噂で聞いてました。
そもそもアイルネからのフィロのスとか絵に描いたような楽曲派!
と思ってすごく恥ずかしいんですけど嘘つけるタイプでもないんで。

で、定期公演を見て、「これは単独で思いきり浴びてくるべきだな」と。
いうことで、前日まで相当悩んだんですけどギリギリで前売り券を買い。
トミタ栞単独ライブにつづいて人生2回めの渋谷クアトロへ。

いや楽しかったー!音楽っていいな、とか口に出そうになります。
単独行く前にファーストアルバムを買ったんですけど優勝。
あぁ、これ去年の楽曲大賞の括りになるのかー。アルバム11位か。
わーこれ投票したかったよぉ…今度アルバム出るから今年こそ。
ファーストアルバムで一番好きなのは「好感度あげたい!」ですね。


MVないんでライブ映像。
とりあえずお金ないから無銭イベどこー?な人はここに行くといいと思います。

『 東京タワー・アイドルフェスティバル 』 2017年11月3日 浜祭 2017 東京タワー特設ステージ
11月3日(祝)
文化放送 浜松町グリーン・サウンドフェスタ -浜祭2017-
『 東京タワー・アイドルフェスティバル 』
■会場 浜祭 2017 東京タワー特設ステージ
■時間 10:30〜
■観覧 無料
■出演
新しい学校のリーダーズ
エラバレシ
sora tob sakana
ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)
夢みるアドレセンス
La PomPon
Luce Twinkle Wink☆
フィロソフィーのダンス
■詳細
joqr.co.jp/hama_matsuri/
生でぜひとも目撃して欲しい!

2017.10.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | Idol

2017/09/10アンジュルムライブハウスツアー2017秋「Black&White」夜公演 このエントリーを含むはてなブックマーク

初日夜公演行ってまいりました。
まぁ1週間前はシリアルイベントに行ってきてるわけなんですけど
シングル3曲のみしかやらないという全く想定してなかった結果で。
コーナーで流した楽屋や休憩中などのVTRは面白かったけど、
オイラはどうしても歌を聞きたいし、スマイレージからのイメージで
曲数をちゃんとやってくれるって思い込んでるところがあって。
なので今回のライブをとても楽しみにしていたのです。
(もちろん中野は申し込みしましたが当たるかわからないし)

そんなわけでこの日はスマイルファクトリーTシャツを着ていきました。
握手遠慮して帰ってきちゃったけど和田さんに見せても覚えてないかもしれない。
整理番号はおおよそ200番なので割りと見やすい位置でした。
振り返っても頭の位置ずらさないとよく見えないとかはあまり思わなかったな。
まぁ身長もある方ではあるので当然といえば当然か。

で、始まってからの感想はぜひネタバレ有りで書きたい。書きたい。
まぁいつものようにネタバレ有りの感想は隠すスタイルで。

曲数が少ないという意見を目にしましたが、まぁ少ないですよね。
でも、だからといって不満だったわけじゃないんですよ。
ほら、中野に向けて徐々に増やしていく可能性もありますし。
その辺のニュアンスが伝わればいいなぁと思います。
最初の曲に結構驚きましたね。いい驚きというか単純に驚きました。
全曲10人で披露されたので満足度が落ちなかったのかもしれません。

ここからは気になったメンバーについて。

・川村さん
ダンスや歌が下手なわけでは決してないんですけど、お手本に忠実な
感じがしたのがハロプロ正式メンバー歴の浅さを思い出させますね。
これからどんどん自分のスタイルができてくると思うので、
今のうちに貴重な姿を見ておくと成長が楽しめると思います。
あと、川村さんソロで喋るとどうなるのかはちょっと見てみたい。
ブログは面白いのでちゃんと練ればいいんでしょうけど、アンジュルムは
しっかり流れを用意しておいて…的じゃないMCが面白いので
そのあたりもどうなるか見ものですね。

・船木さん
今のところカントリーで学び培った土壌をほぼそのまま持ち込んでますね。
今は新メンバーだからそのままやらせてる面もあると思うんですけど、
そのうち先輩メンバーによる「崩し」が入ってくると予想してます。
そのときにどういう化学反応が起きるか今から楽しみにしています。

・和田さん
ハロプロリーダーとなった和田さんですが、一番やばい人でもあります。
これを悪い意味で捉えてほしくないんですけど、そこが好きなところですし。
ただ、立場上抑えていると思うんですけどそれでもこぼれ出るのが面白い!
本当にすごい人だなぁと不定期に思わせられる人です。

ま、ネタバレ無し編はこれくらいでいいですかね。
ではここからネタバレ有り編にいきますね。


【“2017/09/10アンジュルムライブハウスツアー2017秋「Black&White」夜公演”の続きを読む】

2017.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

2017/08/05Hello! Project 2017 SUMMER 〜 HELLO! GATHERING 〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

前回の簡易更新からはや1ヶ月弱が過ぎようとしている今日このごろ、

皆様いかがお過ごしでしょうか。
カラッとした暑さがなかなか訪れず、暑いけれど
夏気分を味わえてないというあなたに贈ります。
聴いてください、アイドルネッサンスで夏の決心。

ちょうどTIFの開催日ということで、TIFバージョンでお届けしました。

さて、FMのDJ気分はこれくらいにして本題に入りますね。

ハロコンに行ってきました!
セトリ見てる感じではうーん…と思っててどちらか見ろと言えば
GATHERINGかなぁ…という感じだったんですけど。
いろいろありましてチケットを手に入れて見ることが出来ました。
とりあえずネタバレしない範囲でできるだけ書きますね。

行けてない現場ももちろんあるわけで、そのあたりは
アプカミとかでカバーしてたつもりだったんですけど、
やっぱり生で見て聴いたのとぜんぜん違うな、というのが最初の感想。
生で聴いて好きになった曲もあるし、2回目で好きになった曲もあるし。
もちろんこの春はハロプロキッズの卒業があって優先順位上げてるうちに
他のグループのライブになかなか行くお金がなかったりして。
まぁそろそろ貯金することも考えていよいよ支出を減らしていかないとなのだが、
現場だからこそ感じられることというのも間違いなくあるな、と。

とはいえ、もちろん前回のハロコンからするとそのハロプロキッズの卒業が
新体制とともに大きなトピックスなのはすごくわかるんですけど、
どうも所々にハロプロキッズを思い出させるような流れがあって。
いや、そこを超えて新体制でやっていきます!ってのを見せなきゃいけないんじゃない?
ハロプロキッズの卒業は大きかったなーと思わせちゃダメなんじゃない?
今の自分達はこうなんです!っていうのを出していくべきじゃない?
っていうのは強く思いましたね。
先輩たちの遺産はとても大事。だけどそれ以上にこれからが大事だと思います。

これはずっと思ってるんですけどハロコンがあまりに
普通のコンサート感を出してるのはどうにかならないものですかね。
ひなフェスとかはできてるから出来なくはないわけですよね。
ひなフェスは関東なんで、他の地域の方にとってはハロプロが勢揃いするのって
ハロコンしかないっていうのは頭に入れておく必要があるのでは。
あれだけガッツリツアーになってしまうと毎回お祭り感出すの難しいですかね?
でもひなフェスこれなくてハロコン行く人のことをもうちょっと考えてほしいなと。

あとはネタバレ有りでいかせていただきます!セトリ思い切り貼るので。


【“2017/08/05Hello! Project 2017 SUMMER 〜 HELLO! GATHERING 〜”の続きを読む】

2017.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

6月のことをまとめて。 このエントリーを含むはてなブックマーク

普通だったら°C-ute解散コンとか嗣永桃子卒業コンとか個別に書くんだけど、

個人的に余裕がないのもあるのでちょっとまとめてここで書いておきます。

°C-ute解散コンはライブビューイングでみました。
解散を感じさせないような内容だったんじゃないか、なんて言われ尽くしてますね。
その後ブログだったりインスタだったりが次々続々立ち上がり、
萩原さん目だけ隠すくらいなら顔出しちゃえばいいのに…と思っています。
映画館は桜木町だったのですが、基本的には静かでしたよ。
ペンライトとかは持ってきてるんですけどねぇ。
ハロプロのライブビューイングって割とおとなしいな、と思うのは
ももクロのライブビューイングで8割くらい立ってたのを見てるからです。
いいなと思ったのは最後の数字ネタかな。数出すのは大変だよね。
個人的には最後に梅さん出てきてドドンガドン音頭復活したらいいなと思ってましたが
流石にそれは叶わなかった。割と本気で願ってたんだけどなー。

嗣永さんのラストコンサートは雨の方も無事降らずに終わってよかったです。
これで雨降って「伝説になったでしょ?」みたいにドヤ顔されたら
割といらっとくるのでそれが回避されただけでよかったな、と。
まぁ°C-uteもそうですけど嗣永さんもがっつり応援してたわけではないので
その辺りの寂しさみたいな部分はあんまり感じなかったんですけど
それでも嗣永さんの世界こってりでこれこそお腹いっぱい堪能しました。
カントリーガールズの単独ライブは1度しか見に行ったことがないのですが
本当にいいグループになったんだなぁ、なんて思いましたね。
それだけに今回の新体制は悲しい気持ちもありますが
本人たちもいう通りなくなるわけではないので、
見れた時には思い切り楽しみたいなというのが最初の感想ですね。

で、その新体制ですが。
こうやって時間が経って見ると、新体制ということが決まっている状態からなら
割り振りというのはそんなに間違ってない感じはしますね。
そもそも何で?とかその辺を言い出してもしょうがないわけで。
しょうがない、という言い方は正しくないか。
言い出すことで新体制をひっくり返せる、と思ってる人もいるかもしれないし。
おいらはあんまり意見を言い続けることで変わる、みたいなことを
信じてないタイプなので諦めるのがとても早いのです。
今一番気になることは、一岡さんもハロコン参加するらしいけど
一岡さんはどのポジションで参加するのか?ということですね。

ブログを更新するのってこんなに腰重かったっけ?という気分ですが、
やはりツイッターは流れて行っちゃうものだと思うので
ちゃんと感想書きたい時にはブログを書けたらいいなと思っています。
いいなと思ってるだけです。

2017.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

℃-ute楽曲大賞を振り返って。 このエントリーを含むはてなブックマーク

楽曲部門

1位 会いたいロンリークリスマス :2.5pts.<31位>
2位 Lonely girl's night / 矢島舞美 :2.5pts.<105位>
3位 As ONE :2pts.<19位>
4位 ディスコ クイーン / 中島早貴、萩原舞 :2pts.<71位>
5位 暑中お見舞い申し上げます (H22 Remix) :1pts.<119位>

アルバム部門

1位 ℃OMPLETE SINGLE COLLECTION :3pts.<8位>
2位 ②mini ~生きるという力~ :2pts.<6位>
3位 ④憧れ My STAR :1pts.<5位>

推しメン部門

矢島舞美<1位>

---------------------------------------

まぁおいらはTeam℃-uteだとも思ってないし熱を上げていた時期もないので
これについて熱く語りたい!みたいな感じではないのですが、
逆に外野から語るのもそれはそれで価値あるかな、と思い書くことにしました。

結構個人的には投票内容には共感してもらえる部分ともらえない部分があって
1票の曲もあると思っていましたから、1票の曲ゼロだったのは驚きました。
(おいら以外誰も投票してない曲というのがなかった)
5位に関してはもはやおいら以外にリミックスの方に投票する人いるのか?
と思っていたのですがコメント見る限りお一人いらっしゃって握手したい気持ちです。
周りにあの曲を話題にする人だれもいなかったよ!やったよ!
コメント結構チキンに弱めの内容にしちゃったけどいるならもっと堂々と書けばよかった。
そしてなんといってもAs Oneの19位!みんなそんな好きなのか!!!
だったらもっとライブでやってくれても良かったんじゃないかなぁとも思います。

全体的な結果で言えば結構年代バラバラで偏り少なかった印象でした。
それだけその時代時代で心に刺さる曲が提供されていたんだなぁと嬉しくなります。
℃-ute解散まで残り2日。
おいらはチケットが取れなかったので映画館で見届けたいと思います。
映画館も追加が決まっていたりBSスカパーで放送されたりするそうですので
ぜひ多くの人に℃-uteのラストライブ、見て欲しいと思います。

2017.06.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | Hello!Project

«  | HOME |  »

プロフィール

satorare

Author:satorare
関東地方に住む社会人。
30代前半。
紺野あさ美
福田花音
伊野尾慧
二宮和也
中島健人
伊藤多賀之
パンダとササノハ
トニーとチャールズ
あたりが好きです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索